ポケモンカード公認自主イベントについてはコティラ
来夢のポケカ日和


2016年08月12日

デッキケース作ってみた

02E35304-9E49-419B-AAE9-C16FF883E443.jpg

デッキケース作ってみました(^ω^)


前回(どくマーカー作ってみたよ)はレジンを使ってどくマーカーを作りましたが、今回は紙をベースにいろいろ手を加えていきます。

なんと材料は全てダイソーで調達できました。
用意したのは、
・厚紙(美濃判・A3・5枚入り)
・インクジェット用光沢紙(A4・7枚入り)
・手貼り式ラミネートフィルム(A4・3枚入り)
・手芸用フェルト
・マジックテープ
・両面テープ
の6点。
1個デッキケースを作るのに使う紙は1枚〜2枚、フェルトと両面テープも沢山余っているので、3個は作れそうですね。


054DFAEA-29C1-4170-8590-09F21D9F202F.jpg
まず厚紙で型を取って、その上に光沢紙で印刷したイラストを貼り付けます。
(イラストは さいとう なおき先生のものをお借りしました。カスミのデッキシールドの絵を描いた人です)
で、それを箱の形に組み上げたあと、上から手張り式ラミネートフィルムを被せました。

この手張り式ラミネートフィルムは、内側に糊がついているシートが2枚重ねになっていて、それの間に紙を入れて挟むことで、ラミネーターがなくてもラミネート加工できるというアイテムなんですが、液晶保護フィルムのように単体で貼り付けることもできる優れものです。
気泡には注意が必要ですが、うまく貼れれば強度が大幅にアップするとともに、仕上がりもいい感じの光沢が出て見栄えが良くなります。
それでいてA4サイズが3枚入りで百円と非常にリーズナブル、良心的価格でございます。いやホントに。
長く使いたいキャラクターストレージBOXなんかの補強にもいいと思うんで、ぜひとも一度お試しあれ。


9592B881-3803-4BC4-B230-5037EDD6D9FA.jpg
やっぱりデッキケースの蓋はマジックテープが至高ですね。
今回はシールタイプのものを使用しているので簡単につけられます。
軽い、薄い、柔らかい、加工しやすい。剥がそうとしなければしっかり貼り付き、剥がすときは簡単に剥がれる。
NASAの ちからって すげー!

切り込みに差し込むタイプはカードを痛める可能性があるので好きじゃありませぬ。
もっと厚い紙を使ってハードタイプに仕上げるならスナップボタンもアリだと思うんですが、加工が難しそうなので今回はパス。

で、これは明らかに失敗なんですが、画像では半円状にマジックテープがついていますが、これの向きが逆の方が良かったです。
剥がし始める方の面積が狭くなっている方が軽い力で剥がせるんですね。
あとマジックテープの量もこんなに要らないです。マジックテープさんは案外できる子なので、もう半分でも充分仕事します。

あと、ポケカのデッキケースを参考にしたので、蓋は半分くらいの位置で止まるようになっていますが、これも前面に全部覆い被さる形にした方が楽だし絵も切れないので良かったですね。


75C51D03-8C49-45C2-BF97-93C1E9EB7B9E.jpg
中はフェルトを貼ってみました。
なんかベルベット調=高級!みたいなイメージがあるので、折角だからやってみたかったんですよね。

...が、これは100均クオリティだからだと思うんですが、使用したフェルト生地の毛羽立ちがすごいです。
そのままの状態だとカードのエッジが引っかかって、うまく入らない始末。
仕方ないので毛羽立ちの部分をある程度バリバリとむしりとりましたw
その結果、まぁまぁ使えるところまでは持って行けました。

寸法を大きくするか、もっといいフェルトやベルベット地を使った方がいいですね。

5BEA388E-A520-4B65-B304-67D1F0F88C91.jpg
裏面はヒカリちゃんです。ぐうかわ。
この面が一番イラストが綺麗に出ます。
面積もでかいのでフィルム貼りが難しいです。



試作品にしては、なかなか良い感じに仕上がったと思ってます。
何回か使ってて、やはりマジックテープの部分が少し剥がれかけてきているので、今度作るときはそこを改良しないとです。

自作デッキケースのいいところはサイズを自由に決められる点なので、もっと色々作ってみたいですね。

posted by 神童来夢 at 01:56| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

俺はボーマンダEX

《ボーマンダEX》
たね(EX)/竜/HP180
弱点:妖×2/抵抗力:なし/にげる:2

炎無無 ビーストファング 10+
相手の場の「ポケモンEX」の数×50ダメージを追加。

炎水無無 ドラゴンストライク 130
次の自分の番、このポケモンは「ドラゴンストライク」が使えない。


雑誌付録で登場したボーマンダEX。
3エネで大ダメージが狙える「ビーストファング」が強力です。
ドラゴンなので《ダブルドラゴンエネルギー》が使えるのもポイント高いですね。


で、このカードは「コロコロイチバン9月号」と、「コロコロイチバン9月号増刊・ポケモンカードゲームXY BREAK 必勝ガイド」の両方に封入されています。
値段はどちらも890円。
雑誌の中身やポケカ以外の付録を無視すると、
・前者はボーマンダEXしか入っていないがキラ仕様
・後者はボーマンダEXを含む60枚デッキだがノーマル仕様
という違いがあります。

後者のデッキに入っている他のカードは基本的なカードばかりです。初心者には嬉しいかもしれませんが...
強いていえば、ノーマルのトロバが珍しいくらいでしょうか。

ということで、単純にキラが好きな人は月刊、ノーマルが好きな人は増刊を買えばいいと思います。


なぜこんな記事を書いたかというと、俺はキラ派なんですが、仕様を知らなかったせいで増刊を買ってしまったのですw
犠牲者が増えませんように。

posted by 神童来夢 at 22:27| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

ORAS体験版

なぜか今更ORASの特別体験版(発売前にコロコロとかに付いてたやつ)の配信が期間限定で再開しました。


・・・と、よく考えたら、ポケモンGOで本編に興味を持った人向けのマーケティングですねコレ。
果たしてどれくらいの人が定着するか不明ですが、打てる手は打っていく姿勢はいいと思いますです。

あ、でもGO関係のイベントは本編とは隔離してもらいたいな。絶対荒れるし。
posted by 神童来夢 at 07:25| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

幻・伝説ドリームキラコレクション

毎年恒例、映画公開記念のお祭りパック。
今回は4箱あけました。
1パック4枚入り、1箱20パック入りです。


今回の封入率は、1パックにコモン3枚+フルアートorEX1枚で、BOXで買うと1箱に2枚EXが出るみたいです。

正直、EXは全て再録カードなので、ハズレ臭が拭えません。(フーパ、パフェルデ、ラティオス、竜レック)
フーパも4積みするカードではありませんし、パフェルでも構築済みに入っているので入手は容易です。
他2枚もシングルで買えば多分パックより安い値段で手に入ります。
イラストは一応これ専用のものが使われているので、コレクション的には価値があるかもしれませんが、いつものEXのCGっぽいイラストなので、飾っておきたいかというと微妙。

で、フルアートですが、これもこのパックに入っているコモンの絵違いなだけなので、こだわらなければ入手する必要ないです。
ただ、こちらのイラストは本当に美麗なので、1枚ずつは持っておきたいですね...
そして、コモン19種に対してフルアート仕様が存在するのは13種。幻ポケモンだけみたいです。
ファイヤー、スイクン、ホワイトキュレム、ジガルデ50%、イベルタル、ゼルネアスは残念でした。

当たらなかったんで実物は確認できていませんが、それに加えて、シークレットとして色違いのゼルネアスEXとイベルタルEXが存在しているみたいです。
性能はXY1の再録なので、これも無理して入手の必要はありませんが、封入率が低いのか剥く人も少ないのか、ポケカとしては結構なお値段で取引されてます。
イベルタルEXはいまだにトーナメントに顔を出すカードなので、あまり値段も落ちないと思います。
XYの禁止伝説の色違いはきめぇ色をしている(※個人的な感想です)ので、デッキに入れようとは思わないですが、これまたフルコンプ勢の人は大変でしょうね。


とりあえず4箱でフルアートは全種4枚以上手に入りました。
コモンも10枚強あるので、プレイ用なら2箱、フルアート狙いなら4箱買えば満足に揃いそうです。
シークレット2種は恐らくカートンレアなのでシングル買いが無難ですね。




肝心の新規カードの性能ですが、流石に非EXのたねポケモンばかりなので、メインアタッカーになりそうなカードはありません。
が、メロエッタ(超1エネでコイントス3回→相手全体に出た数×10ダメージ)や、ダークライ(超超無80+眠り、2回表が出ないと起きない)、ジラーチ(鋼1エネ3枚ドロー、自分がねむりになる)あたりは使えそうな気がします。

昔の映画パックはほぼ全てのカードが残念性能だったので、まだ使い道がありそうなカード(フーパ、パフェルデも)が入っていて、額に入れて飾っときたいようなイラストも楽しめるこのパックは、買う価値が無いわけじゃなさそうですよお客さん。
あと、このパックのカードを使ってカリンのナイトバトルに出れば、オンリーワンデッキ投票(一番魅力あるデッキに投票)で1位になれちゃうかも!?
意外とそっちではガチカードかもしれませんねw

posted by 神童来夢 at 10:32| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

カメックスメガバトル

姫まる先生のサイン会に並んでおります!

私物に描いてもらえるということで、飾る用に色紙を持ってきました。(カードだとイラストが見づらい&小さすぎ)
そんな中、前に並んでる人がウルトラプロの無地のデッキケース(ハードタイプのやつ)持ってきてました。本当いいアイディアだなぁと思います。
オンリーワンだし、大会に持っていけるし、プレイに支障もない。
会場じゃあ無地のデッキケースは売ってないもんなぁ...
今度サイン会に行ける機会があったらそれをやろう。絶対。



posted by 神童来夢 at 12:54| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

シェイミとフーパを生贄に...


ゴッドハンドインパクト!!!

《MサーナイトEX》(XY11)
M進化/フェアリー+超/HP210
弱点:鋼/抵抗力:悪/にげる:2

妖無 ディスペアーレイ 110+
自分のベンチポケモンを好きなだけトラッシュし、トラッシュしたベンチポケモンの数×10ダメージを追加。




「冷酷の反逆者」で登場する、みんな大好き、色違いの黒いメガサーナイトです。
フェアリー+超のデュアルタイプであるのが特徴ですね。
デュアルタイプといえば、昔ポケモンカードLEGENDで出ていた「伝説」のカードタイプのポケモンがありますが、そちらは弱点も2つあったのに対し、今回のは弱点が1つしかありません。
ポケモンカードでは自身のタイプを参照するときはほぼメリットしかありません(弱点を突きやすくなったり、タイプを参照するサポートを受けやすくなる)ので、見た目のインパクト以上の恩恵があると思います。
特にXYブロックはタイプ専用のサポートが充実している環境なので、今までできなかったアグレッシブな動きができそうです。


で、肝心のワザですが、これがまたスゴイです。
自分のベンチポケモンを好きなだけトラッシュという、今までに無かった効果を持っています。
1体につき10点しか打点が上がらないのでダメージソースとしては全然ですが、パンプなんてのはオマケなのであまり重要ではないです。
このワザのポイントは、相手にサイドを取らせず自分のベンチを空にできる点です。
現環境ではシェイミEXやフーパEXなど、CIP能力を持つサポートポケモンが非常に強力ですが、それを狙ったメタカードも大量に存在します。
特にシェイミEXは2枚目を出すにも邪魔だし、HPが低いのですぐやられる上にサイドを2枚も持っていかれるので、できればベンチから退場させておきたいカードです。
フーパ→シェイミ、サーナイト、Mサーナイトと持ってきて、効果を使い切って邪魔なフーパとシェイミをサクってしまいましょう。

複合タイプの恩恵で、次元の谷を張っておけばフェアリーエネルギー1枚で撃てるのもポイントですね。


話は変わりますが、いま大会では現在の最新パック「めざめる超王」に収録されている、《MフーディンEX》と《オーロットBREAK》を採用したデッキが暴れまわっているようです。
このデッキは、《オーロットBREAK》のワザで相手のポケモン全員に30ダメージをばら撒き、それが倒されたところで《MフーディンEX》を出し、相手に乗っているダメカンの数×30ダメージを与えるワザを《次元の谷》を張って1エネで連打するというものです。


今回の《MサーナイトEX》の能力は、超まじりの複合タイプと、ベンチのお掃除。

はい、毎度おなじみ、環境デッキへの強烈なメタカードです。

フーディンの弱点を突き、素の状態でも220ダメージで確1。
相手が張った次元の谷に相乗りして1エネで攻撃。
ばら撒かれたベンチポケモンへのダメージをチャラにして、マトを減らす。

とまあ、今回のメタは露骨ではないので、他のデッキと当たってもそこそこ戦えそうなのがいい点ですね。
サイドがないポケモンカードでは重要です。




何より、黒いサーナイトというのが素晴らしいですね。
SR4枚集めたいです。





 
posted by 神童来夢 at 00:33| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

ナガミヒナゲシ

突然ですが、皆さんは「道端に生えている雑草」と言われて、何を想像しますか?

たんぽぽですか?
ペンペン草ですか?

いろいろと思い描く風景があると思いますが、そこにこの花の姿はあるでしょうか。


A1911B3E-0310-4F79-8EC5-7D85463CC57D.jpg


これ。


見覚えがないなぁと思った人は、明日の通勤途中に路肩を見てみてください。

恐ろしいくらい、どこにでも生えていますから。

コンクリートの隙間、プランターの隅っこ、空き地の草むら、街路樹のふもと等々...
今までタンポポやペンペン草が生えていた場所が、ここ数年のあいだに、気づかないうちにこの花に置き換わっているんです。



この花は、ナガミヒナゲシという、ヨーロッパ原産のケシの仲間です。
今ごろの時期に、写真のようなオレンジ色の花を咲かせます。
高さは30〜50cmくらい。雑草にしては高めです。

一輪だけ咲いている分には可愛げがありますが、この花が枯れた後、1つの実から約1500個もの小さな種子をばら撒きます。(一株で最大100個ほどの実を実らせる場合もあります)
ひとつが非常に小さいので、風に乗ってあっという間に拡散していき、秋になると芽を出します。
さらに、この花の根と葉からは、他の植物の成長を阻害させる物質が分泌されるため、生存競争にも非常に強いです。

ということで、尋常ではない拡散力と、強力な妨害効果が合わさって、雑草界でもかなり強力な種類となっています。

 恐ろしい......


そういう目を持って、道端に大量発生しているこの花を見た時には、知らないうちに侵略される恐怖を感じると思います。


こいつを駆除するには、花が咲く前の秋〜冬に、根っこごと引き抜くのがベストとされています。
この花の種は非常に頑丈で、少しくらい未熟な状態でも問題なく復活してきます。
特に実ができた状態で除草しても、草むらを揺さぶることで、却って種を拡散してしまう恐れがあります。
まぁ今くらいの時期であればギリギリ大丈夫だと思うので、根っこごと引っこ抜いて、抜いたものはすぐにビニール袋に入れ、ゴミに出しましょう。

皆さんの周りの風景が変わってしまう前に、たまには草むしりしてみませんか。


posted by 神童来夢 at 06:48| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

プレミアムチャンピオンパック EX×M×BREAK

今日発売になりました、ポケモンカードXYコンセプトパック第4弾、「プレミアムチャンピオンパック EX×M×BREAK」(CP4)。
過去に登場したカードの中から優秀なものをチョイスし、全部ミラーfoil仕様にして収録されています。
強力なカードがもりだくさん、と公式で煽っていますが、誇張抜きで現役トーナメントレベルの本当に強力なカードが惜しげも無く放り込まれています。
個人的にハズレだと思ったカードは片手くらいしかありませんでした。全140種もあるのに!
パックを剥いて使えないカードしか入っていないということは絶対に無いと言ってもいいレベルです。

1パック500円もするし、収録枚数が多いので、ピンポイントで欲しいカードを狙うには向きませんが、運試しとか、大会の参加料とかで少量購入するのには最適のパックだと思います。
全部ミラーだからサーチの心配もないですしねw

封入率ですが、元のレアリティが
コモンorアンコモン×5枚
レア(R/非EXのキラ)×2枚
ダブルレア以上(RRorSR/EXorBREAK)×1枚
トレーナーズ×1枚
エネルギーカード×1枚
のようです。
並び順も上からこれで固定です。
このうち、RRとSRは、1box中に6:4の割合で封入されていると思われます。
あと、(収録枚数的に?)コモンとアンコモンは3:2のパターンになる場合が多かったですが、確実というわけではなく、並び順がランダムなので考慮されていないと考えていいと思います。

レア以上の枚数だけ考えると、普通のパックが1箱(3k)でRが6枚、RRが3枚、SRが1枚。
対して、CP4を値段換算して6パック(3k)では、Rが6枚、RR以上も6枚。
RR以上が1.5箱分も手に入ると考えると、かなりオトクと言えるでしょう。


一応このパックだけでは使えないということがないようにか、コモン枠には進化前のたねポケモンが入っていたり、メガ枠に対応する各ソウルリンクが入っていたりします。
ここがハズレといえばハズレになりますが、その上の強力な進化カードを使うのには必要ですし、再録パックとしては過去作を買わなくてもいいという点で配慮されているのかもしれません。
まぁコモンはいいんですが、ソウルリンクが出ると他の強力なトレーナーズが封入されなくなるのでちょっと痛いですね...
トレーナーズは《バトルサーチャー》、《バトルコンプレッサー》、《あなぬけのヒモ》、《かるいし》、《トレーナーズポスト》などなど、どんなデッキにも入って枚数が圧倒的に足りなくなるカードたちばかりなんですが、1パックから1枚しか出ないので、とても貴重な枠なんです。
ソウルリンクは対応するカードを使うなら必要ですが、どのデッキにも入るわけじゃないんで、正直そんなに枚数いらないんですよね。
ほんとこれだけは《メガシンカソウルリンク》とかにして全M進化で共通で使えるようにしてほしかった。水増しよくないです。

あと、公認店限定でついてくる《ジラーチ》も強力なので、できればコレも手に入れておきたいですね。
これは大会プロモなんですが、無色1エネで特殊エネルギートラッシュ&次のターン無敵という、なかなかメタいカードです。
《ストロングエネルギー》に頼りきっている闘デッキなんかは、地味に10点ダメージが入る(タスキ潰し)ことも相まって、ベンチにチラついているだけでかなり動きが制限されるハズです。
4積みするカードではありませんが、今となっては入手困難なカードなので、この機会に1〜2枚持っておくと選択肢の幅が広がると思います。



本当にこのパックは強力で、基本セットとしてずっと売っていてもらいたいレベルですが、コンセプトパックなので売り切れたらそれまでの可能性が高いんですよね。残念。

posted by 神童来夢 at 00:01| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

MフーディンEX

ソリティア用かなぁと思って敬遠してたフーディンEXですが、こないだの自主公認大会で使われたギミックがソリティア関係なしにすごい強かったので組んでみたくなりました。

MフーディンEXに進化したときのCIP能力で、ダメカンをバトル場のポケモンに2個、ベンチにのポケモンに3個置くことができます。
その後、ベンチのポケモンに置いたダメカンを、アブソル(XY6)の効果でバトル場のポケモンに移すことで、バトル場のポケモンにダメカンが5個乗った状態にします。
そうすると、MフーディンEXのワザでバトル場のポケモンに150ダメージ(30×5)が入るようになり、先に乗っている50ダメージと合わせて200点のダメージを叩き出すことができます!
しかもワンパンではないので、タスキを貫通する所も強いです。

MフーディンEXのワザは次元の谷に対応していて、その影響下では超エネ1枚で上の動きができるので、エネルギー効率は非常に優秀です。
その分、メガシンカのお膳立てやサーチしづらいアブソルを用意したりしないといけないですが、そこはエネルギーを減らしてサポートを多めに積んでおくことでカバーしていけば問題ないと思います。

弱点は相手がベンチポケモンを出さないと火力が出にくいところですので、そこをなんとかできるかがデッキ構築のポイントですね。
posted by 神童来夢 at 20:54| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

めざめる超王剥いてみたよ

いよいよ本日、めざめる超王が発売となりました!
デスタムーア第一形態張りのラスボス的演出により、謎の強キャラ感を出しているメガフーディンさんのパッケージが素敵です。
早速何箱かムキムキしてみたので、結果を晒してみますよ( ^ω^ )

【1箱目】
オムスターBREAK
MフーディンEX
グレイシアEX
ゲノセクトEX
レア6枚

【2箱目】
ロケット団の工作(SR)
ルギアBREAK
フーディンEX
キングドラEX
レア6枚

【3箱目】
MフーディンEX(SR)
ドータクンBREAK
MチルタリスEX
グレイシアEX
レア6枚

【4箱目】
フーディンEX(UR)
マフォクシーBREAK
グレイシアEX
キングドラEX
レア6枚


どうやら今回のレア以上の封入率は、RR4{BREAK枠1、EX枠3(メガ1:通常2)}、R(非EX)6のようです。
で、SR以上が入ってくる場合(たぶん1/2の確率)、枠が1枚減になるみたいですね。
今までは非EX枠が1枚減になり、RRとRの比率が5:5になるパターンが多かったんですが……ケチ臭い変更点、俺は好きじゃないね。

(追記:あと何BOXか剥いた結果、BREAK2:EX2の箱があったりしたので、RR内の比率は割とアバウトっぽいです。)


RR以上の内訳は、
【UR】
・フーディンEX

【SR】
・ロケット団の工作
・EXポケモン全種類

【RR】
・マフォクシーBREAK
・オムスターBREAK
・ドータクンBREAK
・ルギアBREAK
・MフーディンEX
・MチルタリスEX
・グレイシアEX
・フーディンEX
・ブラッキーEX
・ゲノセクトEX
・キングドラEX
・チルタリスEX

です。
RR以上は、BREAKが4種、メガEXが2種、普通のEXが6種の計12種ですね。
単純計算で、12(種)×4(枚)÷4(枚/BOX)=12(箱)
ということで、4枚フルコンプするには最低でも12箱必要な計算となります。
レアリティ統一の関係でRRで揃えようとすると、これより更に剥く必要がありそうです。

まぁポケカの箱は割引込みで2500円くらいなので他より安いですが、昔みたいにパックだけでフルコンプを狙うのは厳しそうです。
大人しくシングルを使うのが懸命ですね。
シェイミみたいにバカ高くなりそうなのもなさそうですし。






posted by 神童来夢 at 13:10| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする