ポケモンカード公認自主イベントについてはコティラ
来夢のポケカ日和


2016年12月11日

コレクションサン・コレクションムーン

ゲーム本編の発売から1ヶ月もしないうちに、カードも新シリーズに突入です!
今回からBOXの構成が変わって、30パック/箱になりました。15パック×2列の平たい箱で、見た目は遊戯王と同じですね。
しかしポケカは1パックが150円+税なので、箱単価は遊戯王より高くなってしまいました。(遊戯王は143円+税)
これはお財布に優しかったポケカのアドバンテージを大いに損ねますよ...よろしくないですねぇ。

で、肝心の封入率はどうか。4箱ずつ開けてみました。


【サン】
[1箱目]
UR
ハイパーボール
RR
ラプラスGX
エーフィGX
ソルガレオGX

[2箱目]
SR
ソルガレオGX
RR
ラプラスGX
ソルガレオGX
デカグースGX

[3箱目]
SR
エーフィGX
RR
ラプラスGX
ソルガレオGX
デカグースGX

[4箱目]
RR
ラプラスGX
エーフィGX×2
デカグースGX


【ムーン】
[1箱目]
RR
ラランテスGX
ルナアーラGX
ケンタロスGX

[2箱目]
SR
ラランテスGX
RR
ルナアーラGX
ブラッキーGX
ケンタロスGX

[3箱目]
SR
スカル団のしたっぱ
RR
ラランテスGX
ルナアーラGX
ケンタロスGX

[4箱目]
RR
ラランテスGX
ルナアーラGX
ブラッキーGX
ケンタロスGX



はい。1箱ハズレがありましたが、概ねRR以上は4枚/BOXでしょう。
SR以上は2箱に1枚っぽいですね。
ちなみにRの枚数は11枚/箱だったので、R以上の確率は1/2で変わらずでした。
つまり、単純にRR以上の封入率が2/3になってるということですね!ファック。

GXの種類は4種類で、1箱買えば全部出る(SR出たら交換してくだちい)計算なので、RRまでのプレイ用のカードはそう値段は上がらないとは思いますが、SR以上のコレクター向けのカードは値段が跳ね上がりそうです。ていうか跳ね上がってる。
リーリエSRは8kだし、ハイパーボールのURは14kだし...

ハイパーボールは当たって嬉しい!んですが、1枚だとファイルの肥やしになりそうです。
かといってあと3枚はキツイw
早くバブル相場が終わってくれることを願います。



私事ですが風邪をひいてしまっていて、カートショップみたいな(科学的に)空気の悪いところには長居したくなかったので、発売直後の大会には出られませんでしたが、環境を読むためにも積極的にプレイしていきたいと思います。



....あ、1月の大会申請し忘れたw
posted by 神童来夢 at 13:19| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

20th Anniversary

4E13E2FA-3795-42CC-AE9C-7502BFD4DE91.jpg

ついに発売になりました!
20周年記念の1弾リメイクパックです。

奇しくもGO PLUSと発売日が同日だったので、ポケセンの店員さんがGOの購入列の人に聞こえるように「懐かしのカードが入ったパック、本日発売です!20年前にポケモンカードをやっていた方も、もう一度ポケモンカードを始めてみませんか!」みたいな呼びかけをしていたのが印象的でした。
それなりに人は集まってた気がしますが、手に取っていたのは外人さんが殆どだったのが寂しいですね。
スリーブも拍子抜けするくらい全然売れてませんでした。
平日というのもあるでしょうが、俺みたいにGOと多面待ちしてる人がいてもおかしくないと思うんですがねえ。
あとはソラマチ店が意外と穴場だったということでしょうか。GO PLUSもメガトウキョーの方が先に無くなったみたいですし。


話を戻して。
パッケージも懐かしの1弾のイラストをそのまま使用!
...と思ってたんですが。
よーく見ると、リザードンとフシギバナがメガシンカしているんです!
わざわざ絵柄を当時のものに寄せて書き直しているあたり、こだわりを感じますね。


0475A58F-73DA-4D6B-919F-129949D969DD.jpg

箱についてる店頭用のカード。
「もう一度、20年前のあの頃へ!」
のアオリが懐古全開で潔いですねw
ポケットに入れてた宝物が顔を覗かせたって所でしょうか。
当時は「ポケットにファンタジー」の「それってもしかして、ピカチュウ?」のピカチュウが例えでなく本当にピカチュウだなんてことになるとは思ってませんでしたからねえ...


0E19796D-AA89-4517-9D21-B11AD50E84BE.jpg

懐かしのパッケージ。
やっぱ10枚入りのパックはいいものだ。
5枚入りは買いやすいかもしれないけど、向いた時の満足感はこちらの方が圧倒的に上。スクラッチとジャンボ宝くじの差みたいなもの...っていうと逆に分かりづらいか。


封入率は、基本のパックは
C6枚、U3枚、R1枚。
10枚入りなのでキラ確定封入ですね。1弾リメイクなのに気前がいいです。スピアーはアンコモンに格下げ。
あと、例によってアンコモンの中にはトレーナーズが混ざってます。
だいたい3枚中1枚はトレーナーズになっている事が多いですが、確定ではない模様。

RR以上のカードが入っている場合、Uの枠が1枚交換になります。
つまり、1つのパックからキラカードが2枚出てくるわけですね。あたりを引いた時はちょっと嬉しい感じ。

BOX単位の封入率は、
Rが15枚で確定。
RRが3枚、SRが1枚というのが基本っぽいです。
箱によってはSRが2枚入ってたり、1枚も入ってなかったりするものもあったので確実ではない模様。
で、アンコモンの中に2箱に1枚程度の確率でノーレアが混じっているみたいです。

B8CAC63A-A3E4-4BFD-86C9-CC4407040D70.jpg

これら。
Dr.オーヤマのナッシーと、《ロケット団参上!》。
《ロケット団参上!》は4弾のカードだと思うんだけど、いいのか...
アンコモンなので光ってないのに違和感。
そしてナッシーは進化できない模様。タマタマ収録されていないという。ひどい。


イラストは当時のままですが、性能は大幅に調整が入ってます。

5CEC20A9-4587-4F39-8C69-CD449FA9832A.jpgDB6BB1A4-DFFB-4806-B687-E45AD15AA286.jpgEB38EF9E-E72F-443E-85E5-7A5821153331.jpg

単純に上方修正組。
リザードン系は単純にHPや火力がアップしてます。
更にエナジーバーンが状態異常でも効果を発揮するようになってます。
ほのおのうずは火力が倍になってEXも一撃粉砕できますが、トラッシュが3個になっているのが痛いところ。
とはいえ2個玉はそのままエネルギー2つ分として数えられますし、《鍛冶屋》を使えば通常のプレイと合わせて連打もできるので、我慢のしどころですね。

《カモネギ》は驚異の無色1エネ50ダメージ。
1ターン待てばネギの補充もできるようになってます。
重いデッキに1枚挿しておくと、討ち漏らしたポケモンを処理するのに便利かもしれません。

《エビワラー》は単純に火力アップ。
たねで1エネ30点と、今でも速攻アタッカーとして活躍できる性能になってます。
闘ポケなのでストロングエネルギーだの何だの付ければかなりのプレッシャーは与えられますね。


9DAF0DA8-D2DE-4EC4-99C9-6BE611644698.jpg

で、キミたち。恥ずかしくないの?
エビワラーが時代に合わせて強化される一方、進化後がある連中は1エネ20点の火力を没収されてしまったのであった。
特にワンリキーが酷い。ダブルシンボルで40ダメとは...
コラッタは便利な特性をゲットしたので完全に別の生き物です。単体だと《びっくりメガホン》のが良いですが、ラッタ〜ラッタBREAKで戦うデッキなら、コラッタはコレ一択ですね。
にげる0ならなお強かったですが。



単純な弱体化だと、あとはコレ。
1C778F31-E4B0-4AE0-A550-FA05D65AB4BC.jpg
せっかく自爆するのに、ベンチにダメージが通らなくなってます。
2位さんは上の《カモネギ》と打点が同じ上に2エネ必要、さらに自主退場までしてしまうという残念っぷり。
《レアコイル》の方も3エネつけるなら《エビワラー》でよくね?という。
当時と火力が全く同じで、まるで成長していません。
今なら180点くらいの火力で丁度良かった。


あまり性能が変化していないのはこちら。
4D1CA3E5-C42E-4944-9277-13ABA3393E42.jpg
みゅう!
HP据え置き、特性は状態異常でも効果が発揮される以外は当時のまま。
ワザの火力が上がった代わりに2エネ必要になっていますが、谷を張れば当時と同じです。
一番変わったのがレアになったのでキラカードになったことですねw
強烈なメタ性能は相変わらずですが、たね状態で戦えるEXが存在している現状では当時ほどの拘束力はないです。
とはいえ、最近は非EXのカードを使う構築も増えてきているので、これ1枚で止まっちゃうデッキもありそうです。
そういう点では良い地雷カードです。進化ポケが流行りだしたらカードプールに入ってくる、メタカードとはこうでなくてはいけませんね。

7CB4A9FC-5AD0-4EA5-B032-4408D5B0C13E.jpg
こいつらもあまり変化ないですね。
そのままの性能で20年後も出られるあたり、いかに当時は強力であったか思い知らせてくれます。
《ラッキー》はこっそり逃げるコストが大幅に増えている(1から3)ので、最後まで壁をやってもらいましょう。
《エレブー》は鋼抵抗がついた以外は完全に一致。ちなみにこのパックに鋼は入っていません。


魔改造されたカードも結構あります。
80A3D97C-6D1B-4A45-8D53-A0159EE0E27A.jpg全俺がいつもネタにしてる《スピアー》さん。
アンコモンに格下げされたことにより念願のキラカード化は成らずw
ダブルニードルは取り上げられましたが、そんなんより強力なワザが与えられています。
特に下のワザは、準備こそ大変なものの、ベンチ狙いのワザとしては破格の性能です。
自身も計算に入れるので、最低40ダメージ。最大だと160ダメージです。
2体いれば大抵のたねポケモンを仕留められ、3体いれば《オクタン》や《ドータクン》などの1進化のシステムポケモンや、《シェイミEX》を狩れるようになります。
《スピアーEX》も計算に入れられたらとんでもない火力になっていましたが、さすがにお手軽すぎなのでダメでしたね。

C7DD1372-DCB6-4655-A678-84AFE12CAF72.jpg
エネエネはヤバすぎたので、雷ポケモン&雷エネルギー限定になった《マルマイン》。
《ゲンシグラードンEX》なんかが2ターン目に4エネついて暴れだしたらゲームになりませんからね。仕方ないね。
《スターミー》は昔の《エネルギー回収》を内蔵しています。
【ゲッコウガ】デッキのサポートに適していそうですが、置いとく場所を作れるかどうかが難しいところですね。

3EB05CD1-71CF-4C61-99CD-5FE57F795FDA.jpg
さいご。
EXは旧裏1弾に入っていたポケモンの中からチョイスされています。
ハクリューのイラスト良かったのにもったいない...

特性がなかなか強力ですね。EXも直接サルベージできるすごいやつです。
で、ワザも4エネと重いですが、まさかの確定エネルギートラッシュ。
ハクリューのワザを奪った甲斐があるというものですねw
システムポケモンなのに頑張れば戦えるのが便利な所です。




観賞用のお祭りパックと思いきや、なかなか面白いカードもあって、いいパックだと思います。
トレーナーズの種類が少なかったのがちょっと残念ですが...


あと、30周年のときはどうするんですかね!
今から気になりますw






posted by 神童来夢 at 00:57| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

GO Plus

ククク・・・・・・・
むろん・・・と言うか・・・・・・
言うまでもなく・・・・・・
わしは
持っておるっ・・・・!

9A26EE51-01D1-47C6-A23D-D1C1B50D697B.jpg


Pokémon GO Plusをっ・・・・・・!



ということで、GO Plus使ってます。
果たして3800円課金する価値はあったのか?ということで、使用感をば。


【良い点】
・サーチ範囲が広く、判定がユルい
アプリの円より若干広めの位置にいるポケモン&ポケストップをサーチしてくれます。
しかも、ヒットした後にアプリを開くと赤い点でその位置を示してくれるので、普通に捕獲しに行くこともできます。
さらに、アプリだとポケモンが出現すらしない高速移動中でもガンガン拾ってきてくれるので、通勤中とかにも乱獲できます。手元でボタンをポチってるだけなので、ながらスマホで逮捕される心配もありませんw
あと、距離カウントも高速移動ペナルティがユルめな気がします。アプリを開いちゃうとダメみたいですが、スリープ状態なら割とタマゴが孵ります。

・振動がちょうど良い
ポケモンやポケストップに反応した時に本体が振動して知らせてくれるんですが、この調整が素晴らしい。
肌に密着していれば普通に気づく強さで、かつビクッとならない程度の絶妙な力加減です。
しかも振動音も極力抑えられているので、ポケットに入れておけば大抵の人には気づかれないと思います。
ながらポケモンGOするには気づかれないってのはかなり重要なポイントなので、設計した人GJです。

・スマホの電池節約になる
スリープ状態でも動作するので、ディスプレイを付けっぱなしにしなくて済むようになります。
GPSと青歯が作動しているのでプレイしていない時と同じという訳にはいきませんが、一番電池を喰うディスプレイ分の消費をカットできるのは非常にデカいです。
ストップ巡りは画面を見る必要すらありませんし、ポケモンも出現したら改めて画面を開けばいいので、歩きスマホ防止にもなって良いことだらけですね。

・ポケモンGOをプレイしている事に気付かれにくい
上でも少し触れましたが、ズボンのポケットにでも入れておけば、周りにはまず気づかれません。
ボタンを外側になるように入れておけばポケットの上からでもボタンを押すことができるので、振動を感じたら一瞬手をかけるだけでポケモンやアイテムを回収できます。
職場のデスクから届く距離にポケストップがある場合、定期的に不思議なポケットを叩くだけで、ビスケットのようにアイテムが増えていきますw
で、気がつくとボックスが一杯で取得できなくなっているという嬉しい悲鳴が。
GOPlusはモンボを湯水のように消費していきますが、仕事中にそれ以上のペースで回収できるので問題ないですね。

・プレイ中に別のアプリが使える
バックグラウンドで動作するので、プレイ中に別のアプリを開いていてもきちんと反応してくれます。
パズドラレーダーやピゴサーチを開きながらポケモン探しができるのはとっても快適ですね。


【悪い点】
・すぐ接続が切れる
これが最大の弱点ですね。
スマホから離れると切れるのはもちろんですが、そうでなくても大体1時間くらいで勝手に接続が切れます。
あれ?リポップしても良い時間なのになぁ、と思ってスマホを見ると、接続が切れましたという通知が入っています。
再接続するにはアプリを開かないといけないので、スマホを開ける状況を作る必要があります。
また、アプリ上でポケモンの捕獲を試みた場合も接続が切れます。
レアポケが出たので手動でゲットしに行くと、終わった後に再接続の作業が入るので若干面倒です。

・捕獲チャンスは1回のみ
しかもモンボで。
これだとポッポの乱獲には使えますが、いざ御三家やカビゴン等の捕獲しにくいポケモンが出たときは使用しない方が良さげです。
GOPlusだけだと何のポケモンがヒットしているか分からないので、狙いのポケモンがある場合には、結局スマホを見て出現ポケモンを確認する必要があります。

・ボタンの光が消せない
捕獲サインとしてボタン部分がいろんな色に変わるんですが、慣れてくると振動のパターンで把握できるようになるので、ながらGOをやっている時は邪魔になります。
ポケットの上からでも光ってるのが分かってしまうと厄介ですね。
スイッチかアプリからの設定でOFFにできれば良かったです。

・ストラップが外しにくい
裏面のクリップ型とストラップ型の固定アイテムはパーツから選択式で、交換には+ドライバーが必要です。
ポケットの中だとストラップは邪魔ですが、運転中は落下防止にストラップが欲しい。
特別な道具がなくても外せるようにしてもらいたかったです。
しかもストラップ自体も交換するのに手間がかかりそうな構造です。
付属品のストラップは化繊でゴワゴワなので市販のベルトと取り替えたい所ですが、なかなか難しそうです。
せめてストラップ穴がついていれば良かったんですが。




ざっとこんなもんでしょうか。
不満点はまぁありますが、それを補って余りある魅力的なデバイスだと思います。
乱獲用と考えれば捕獲率の悪さも気になりませんし。
特にアイテムの回収効率は段違いに良くなります。モンボ不足に困ってる方は是非とも使うべき。


posted by 神童来夢 at 00:13| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

旧裏開封したった

とりかえっこプリーズキャンペーンのおかげで旧裏のカードを手に入れなければならなくなってしまいました。
手持ちのカードはおもちゃ箱に入ってからどこに行ってしまったのか分からないのです...

で、親切なお兄さんが近所の老舗のおもちゃ屋に旧裏のパックがあることを突き止めてくれたので、ありがたく購入させていただきました!


7319DA83-C229-41EF-9134-F1B2ABC5D4BE.jpg

ロケット団が7パック、ジムリーダーvol.1が3パック。

いやあ、このヴィンテージパックを前にするとワクワクが止まりませんな!


E098E854-5F91-4E2E-B072-42EC402C3141.jpg08646942-05D8-48CE-B554-B38A7D826D46.jpg

裏面にちょっとしたテキストが書かれているんですね。
特にロケット団の方は背景世界の紹介みたいになってて面白いです。
「健全な精神によるブリーディングは、健全なる進化を促進するという。
おまえらの育てたポケモンは全部わるいポケモンだなwwwみたいな煽りですかな?



それぞれ記念に1パックずつ残して、ロケット団を6パック、ジムリを2パック剥いてみました。


2FA0517B-C141-4778-B62C-D6DB5FD34E73.jpg

まず1パック目。
《ロケット団のおねーさん》キタ!
51AA51A4-9CB9-467B-B1F8-A365514102D7.jpg

ノーコスト、ノーリスクで飛んでくる強力なハンデスカードです。
サポートっぽいけど当時はターン中1枚制限なんて無かったのであった。
《ミニスカート》の調整版みたいな感じですが、こちらは自分の手札が飛ぶことは無いので気軽に使っていけるのが魅力ですね。
あとイラストが杉森氏の書き下ろしなのもポイント高いです。


C8CFD977-8A9F-4406-B609-9F54FAE64496.jpg

2パック目。
まさかの《ロケット団のおねーさん》被りw

下3枚の《わるいユンゲラー》《ヒトカゲ》《コラッタ》は進化前でありながら使える特性を持っているのが特徴です。
てか、この弾は特殊能力持ちがすごく多いですね。

80673541-83ED-43D9-A98A-F8A3ACCF316B.jpg

3パック目。
《わるいラフレシア》キター!!

713362C1-E5C4-4CE9-946F-C31E8A741B84.jpg

おそらくほとんどのデッキにおいて半分程度を占めるであろうトレーナーカードを丸ごと封印する、史上最強クラスのロックカードです。
マウント取って出せば勝ちという点では、《八汰烏》に匹敵するかもしれません。

最近のカードでもトレーナーズをロックするカードはありますが、バトル場にいなければならなかったり、対象がグッズだけでサポートは使えたりしますが、このカードにはそんな制約は一切ありません。ベンチに居座っているだけで、問答無用で全部シャットアウトです。
《突風》もロックされてしまうため、ベンチから引きずり出して倒すこともできないという。

自分もトレーナーを使えなくなってしまいますが、構築の時点で対応できるようになっているハズなので相手よりは影響ありません。
さらに言うと、《タケシのキュウコン》という、これまた凶悪なカードとのコンボで自分だけロックを解除する方法があったりするみたいです。コワイ!


13201C63-BDCA-469F-AD83-4B3331F47478.jpg

4パック目。
レアはわるいダグトリオですね。

683FDB37-2806-4B79-A04B-D0F57CF95AFC.jpg

前の2枚と比べるとなんとも地味な感じw
特殊能力がベンチでも働くのはイイですが、HPと火力が低すぎ、にげるも素早さランク5位のくせに何故か2エネかかります。
イラストみたいに自室に穴を掘られたらたまったもんじゃないですね。


CA95359A-1403-415F-BD5F-6160FF8F3CEC.jpg

5パック目。

5D9B374A-9746-4340-8B1D-AF5B59485B46.jpg

《わるいスリーパー》。
3エネ100点出るかもしれない!つよそう。
地味に抵抗力貫通するのが特長です。

→夕暮れの 学 校 にも現れるらしい。
流石です。


6DE911A9-2363-40F9-A3EE-28E2060E4FB0.jpg

6パック目。
わるいダグドリオが被った。
《まきちらせ!ベトベトガス》と《ボスのやりかた》は強力ですね。
《たたきつけろ!挑戦状》もGB2だと超強力。5枚目のマサキ。
あとこの《ベトベター》は一部で人気がありますね。ミニスカート的に。


D3B88C33-50F4-4FEC-8043-510AABB0B786.jpg

ジムリーダー!
ロコンが2種類入ってました。

D952B585-A52F-42EB-8B00-52E3A55D0081.jpg

レアは《R団のストライク》。
(相手がトスヌルポンなら)影分身を維持しつつ攻撃できる強力なポケモンです!
ストライク(とハッサム)は黎明期からずっと強くて優遇されてますね。


9D400012-01E3-4743-874A-D2212B80BDF9.jpg

さいご。
《カスミのなみだ》きた!
海外では修正された曰くつきのカード。意外と出るとこ出てる。

C0E92CEE-B10D-4AA3-A2A4-E3523361D1ED.jpg

レアはにらみつける、もとい、《R団のファイヤー》。
きぜつした時に手札に戻ってくるが、戻ってきたところでサイドが取られなくなる訳でもない。
キラスネみたいに捨てた時も戻ってきてくれれば...

昔のポケカの伝説は不遇。



以上!
とりかえっこキャンペーンで持って行かれてしまう前に、画像だけでも残しておきたかったのです。

1stの箱も結構買ったので、シールド戦とかやってみたいですね。




posted by 神童来夢 at 12:34| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

俺はボーマンダEX

《ボーマンダEX》
たね(EX)/竜/HP180
弱点:妖×2/抵抗力:なし/にげる:2

炎無無 ビーストファング 10+
相手の場の「ポケモンEX」の数×50ダメージを追加。

炎水無無 ドラゴンストライク 130
次の自分の番、このポケモンは「ドラゴンストライク」が使えない。


雑誌付録で登場したボーマンダEX。
3エネで大ダメージが狙える「ビーストファング」が強力です。
ドラゴンなので《ダブルドラゴンエネルギー》が使えるのもポイント高いですね。


で、このカードは「コロコロイチバン9月号」と、「コロコロイチバン9月号増刊・ポケモンカードゲームXY BREAK 必勝ガイド」の両方に封入されています。
値段はどちらも890円。
雑誌の中身やポケカ以外の付録を無視すると、
・前者はボーマンダEXしか入っていないがキラ仕様
・後者はボーマンダEXを含む60枚デッキだがノーマル仕様
という違いがあります。

後者のデッキに入っている他のカードは基本的なカードばかりです。初心者には嬉しいかもしれませんが...
強いていえば、ノーマルのトロバが珍しいくらいでしょうか。

ということで、単純にキラが好きな人は月刊、ノーマルが好きな人は増刊を買えばいいと思います。


なぜこんな記事を書いたかというと、俺はキラ派なんですが、仕様を知らなかったせいで増刊を買ってしまったのですw
犠牲者が増えませんように。

posted by 神童来夢 at 22:27| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月03日

ORAS体験版

なぜか今更ORASの特別体験版(発売前にコロコロとかに付いてたやつ)の配信が期間限定で再開しました。


・・・と、よく考えたら、ポケモンGOで本編に興味を持った人向けのマーケティングですねコレ。
果たしてどれくらいの人が定着するか不明ですが、打てる手は打っていく姿勢はいいと思いますです。

あ、でもGO関係のイベントは本編とは隔離してもらいたいな。絶対荒れるし。
posted by 神童来夢 at 07:25| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

幻・伝説ドリームキラコレクション

毎年恒例、映画公開記念のお祭りパック。
今回は4箱あけました。
1パック4枚入り、1箱20パック入りです。


今回の封入率は、1パックにコモン3枚+フルアートorEX1枚で、BOXで買うと1箱に2枚EXが出るみたいです。

正直、EXは全て再録カードなので、ハズレ臭が拭えません。(フーパ、パフェルデ、ラティオス、竜レック)
フーパも4積みするカードではありませんし、パフェルでも構築済みに入っているので入手は容易です。
他2枚もシングルで買えば多分パックより安い値段で手に入ります。
イラストは一応これ専用のものが使われているので、コレクション的には価値があるかもしれませんが、いつものEXのCGっぽいイラストなので、飾っておきたいかというと微妙。

で、フルアートですが、これもこのパックに入っているコモンの絵違いなだけなので、こだわらなければ入手する必要ないです。
ただ、こちらのイラストは本当に美麗なので、1枚ずつは持っておきたいですね...
そして、コモン19種に対してフルアート仕様が存在するのは13種。幻ポケモンだけみたいです。
ファイヤー、スイクン、ホワイトキュレム、ジガルデ50%、イベルタル、ゼルネアスは残念でした。

当たらなかったんで実物は確認できていませんが、それに加えて、シークレットとして色違いのゼルネアスEXとイベルタルEXが存在しているみたいです。
性能はXY1の再録なので、これも無理して入手の必要はありませんが、封入率が低いのか剥く人も少ないのか、ポケカとしては結構なお値段で取引されてます。
イベルタルEXはいまだにトーナメントに顔を出すカードなので、あまり値段も落ちないと思います。
XYの禁止伝説の色違いはきめぇ色をしている(※個人的な感想です)ので、デッキに入れようとは思わないですが、これまたフルコンプ勢の人は大変でしょうね。


とりあえず4箱でフルアートは全種4枚以上手に入りました。
コモンも10枚強あるので、プレイ用なら2箱、フルアート狙いなら4箱買えば満足に揃いそうです。
シークレット2種は恐らくカートンレアなのでシングル買いが無難ですね。




肝心の新規カードの性能ですが、流石に非EXのたねポケモンばかりなので、メインアタッカーになりそうなカードはありません。
が、メロエッタ(超1エネでコイントス3回→相手全体に出た数×10ダメージ)や、ダークライ(超超無80+眠り、2回表が出ないと起きない)、ジラーチ(鋼1エネ3枚ドロー、自分がねむりになる)あたりは使えそうな気がします。

昔の映画パックはほぼ全てのカードが残念性能だったので、まだ使い道がありそうなカード(フーパ、パフェルデも)が入っていて、額に入れて飾っときたいようなイラストも楽しめるこのパックは、買う価値が無いわけじゃなさそうですよお客さん。
あと、このパックのカードを使ってカリンのナイトバトルに出れば、オンリーワンデッキ投票(一番魅力あるデッキに投票)で1位になれちゃうかも!?
意外とそっちではガチカードかもしれませんねw

posted by 神童来夢 at 10:32| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

カメックスメガバトル

姫まる先生のサイン会に並んでおります!

私物に描いてもらえるということで、飾る用に色紙を持ってきました。(カードだとイラストが見づらい&小さすぎ)
そんな中、前に並んでる人がウルトラプロの無地のデッキケース(ハードタイプのやつ)持ってきてました。本当いいアイディアだなぁと思います。
オンリーワンだし、大会に持っていけるし、プレイに支障もない。
会場じゃあ無地のデッキケースは売ってないもんなぁ...
今度サイン会に行ける機会があったらそれをやろう。絶対。



posted by 神童来夢 at 12:54| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

シェイミとフーパを生贄に...


ゴッドハンドインパクト!!!

《MサーナイトEX》(XY11)
M進化/フェアリー+超/HP210
弱点:鋼/抵抗力:悪/にげる:2

妖無 ディスペアーレイ 110+
自分のベンチポケモンを好きなだけトラッシュし、トラッシュしたベンチポケモンの数×10ダメージを追加。




「冷酷の反逆者」で登場する、みんな大好き、色違いの黒いメガサーナイトです。
フェアリー+超のデュアルタイプであるのが特徴ですね。
デュアルタイプといえば、昔ポケモンカードLEGENDで出ていた「伝説」のカードタイプのポケモンがありますが、そちらは弱点も2つあったのに対し、今回のは弱点が1つしかありません。
ポケモンカードでは自身のタイプを参照するときはほぼメリットしかありません(弱点を突きやすくなったり、タイプを参照するサポートを受けやすくなる)ので、見た目のインパクト以上の恩恵があると思います。
特にXYブロックはタイプ専用のサポートが充実している環境なので、今までできなかったアグレッシブな動きができそうです。


で、肝心のワザですが、これがまたスゴイです。
自分のベンチポケモンを好きなだけトラッシュという、今までに無かった効果を持っています。
1体につき10点しか打点が上がらないのでダメージソースとしては全然ですが、パンプなんてのはオマケなのであまり重要ではないです。
このワザのポイントは、相手にサイドを取らせず自分のベンチを空にできる点です。
現環境ではシェイミEXやフーパEXなど、CIP能力を持つサポートポケモンが非常に強力ですが、それを狙ったメタカードも大量に存在します。
特にシェイミEXは2枚目を出すにも邪魔だし、HPが低いのですぐやられる上にサイドを2枚も持っていかれるので、できればベンチから退場させておきたいカードです。
フーパ→シェイミ、サーナイト、Mサーナイトと持ってきて、効果を使い切って邪魔なフーパとシェイミをサクってしまいましょう。

複合タイプの恩恵で、次元の谷を張っておけばフェアリーエネルギー1枚で撃てるのもポイントですね。


話は変わりますが、いま大会では現在の最新パック「めざめる超王」に収録されている、《MフーディンEX》と《オーロットBREAK》を採用したデッキが暴れまわっているようです。
このデッキは、《オーロットBREAK》のワザで相手のポケモン全員に30ダメージをばら撒き、それが倒されたところで《MフーディンEX》を出し、相手に乗っているダメカンの数×30ダメージを与えるワザを《次元の谷》を張って1エネで連打するというものです。


今回の《MサーナイトEX》の能力は、超まじりの複合タイプと、ベンチのお掃除。

はい、毎度おなじみ、環境デッキへの強烈なメタカードです。

フーディンの弱点を突き、素の状態でも220ダメージで確1。
相手が張った次元の谷に相乗りして1エネで攻撃。
ばら撒かれたベンチポケモンへのダメージをチャラにして、マトを減らす。

とまあ、今回のメタは露骨ではないので、他のデッキと当たってもそこそこ戦えそうなのがいい点ですね。
サイドがないポケモンカードでは重要です。




何より、黒いサーナイトというのが素晴らしいですね。
SR4枚集めたいです。





 
posted by 神童来夢 at 00:33| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

プレミアムチャンピオンパック EX×M×BREAK

今日発売になりました、ポケモンカードXYコンセプトパック第4弾、「プレミアムチャンピオンパック EX×M×BREAK」(CP4)。
過去に登場したカードの中から優秀なものをチョイスし、全部ミラーfoil仕様にして収録されています。
強力なカードがもりだくさん、と公式で煽っていますが、誇張抜きで現役トーナメントレベルの本当に強力なカードが惜しげも無く放り込まれています。
個人的にハズレだと思ったカードは片手くらいしかありませんでした。全140種もあるのに!
パックを剥いて使えないカードしか入っていないということは絶対に無いと言ってもいいレベルです。

1パック500円もするし、収録枚数が多いので、ピンポイントで欲しいカードを狙うには向きませんが、運試しとか、大会の参加料とかで少量購入するのには最適のパックだと思います。
全部ミラーだからサーチの心配もないですしねw

封入率ですが、元のレアリティが
コモンorアンコモン×5枚
レア(R/非EXのキラ)×2枚
ダブルレア以上(RRorSR/EXorBREAK)×1枚
トレーナーズ×1枚
エネルギーカード×1枚
のようです。
並び順も上からこれで固定です。
このうち、RRとSRは、1box中に6:4の割合で封入されていると思われます。
あと、(収録枚数的に?)コモンとアンコモンは3:2のパターンになる場合が多かったですが、確実というわけではなく、並び順がランダムなので考慮されていないと考えていいと思います。

レア以上の枚数だけ考えると、普通のパックが1箱(3k)でRが6枚、RRが3枚、SRが1枚。
対して、CP4を値段換算して6パック(3k)では、Rが6枚、RR以上も6枚。
RR以上が1.5箱分も手に入ると考えると、かなりオトクと言えるでしょう。


一応このパックだけでは使えないということがないようにか、コモン枠には進化前のたねポケモンが入っていたり、メガ枠に対応する各ソウルリンクが入っていたりします。
ここがハズレといえばハズレになりますが、その上の強力な進化カードを使うのには必要ですし、再録パックとしては過去作を買わなくてもいいという点で配慮されているのかもしれません。
まぁコモンはいいんですが、ソウルリンクが出ると他の強力なトレーナーズが封入されなくなるのでちょっと痛いですね...
トレーナーズは《バトルサーチャー》、《バトルコンプレッサー》、《あなぬけのヒモ》、《かるいし》、《トレーナーズポスト》などなど、どんなデッキにも入って枚数が圧倒的に足りなくなるカードたちばかりなんですが、1パックから1枚しか出ないので、とても貴重な枠なんです。
ソウルリンクは対応するカードを使うなら必要ですが、どのデッキにも入るわけじゃないんで、正直そんなに枚数いらないんですよね。
ほんとこれだけは《メガシンカソウルリンク》とかにして全M進化で共通で使えるようにしてほしかった。水増しよくないです。

あと、公認店限定でついてくる《ジラーチ》も強力なので、できればコレも手に入れておきたいですね。
これは大会プロモなんですが、無色1エネで特殊エネルギートラッシュ&次のターン無敵という、なかなかメタいカードです。
《ストロングエネルギー》に頼りきっている闘デッキなんかは、地味に10点ダメージが入る(タスキ潰し)ことも相まって、ベンチにチラついているだけでかなり動きが制限されるハズです。
4積みするカードではありませんが、今となっては入手困難なカードなので、この機会に1〜2枚持っておくと選択肢の幅が広がると思います。



本当にこのパックは強力で、基本セットとしてずっと売っていてもらいたいレベルですが、コンセプトパックなので売り切れたらそれまでの可能性が高いんですよね。残念。

posted by 神童来夢 at 00:01| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

MフーディンEX

ソリティア用かなぁと思って敬遠してたフーディンEXですが、こないだの自主公認大会で使われたギミックがソリティア関係なしにすごい強かったので組んでみたくなりました。

MフーディンEXに進化したときのCIP能力で、ダメカンをバトル場のポケモンに2個、ベンチにのポケモンに3個置くことができます。
その後、ベンチのポケモンに置いたダメカンを、アブソル(XY6)の効果でバトル場のポケモンに移すことで、バトル場のポケモンにダメカンが5個乗った状態にします。
そうすると、MフーディンEXのワザでバトル場のポケモンに150ダメージ(30×5)が入るようになり、先に乗っている50ダメージと合わせて200点のダメージを叩き出すことができます!
しかもワンパンではないので、タスキを貫通する所も強いです。

MフーディンEXのワザは次元の谷に対応していて、その影響下では超エネ1枚で上の動きができるので、エネルギー効率は非常に優秀です。
その分、メガシンカのお膳立てやサーチしづらいアブソルを用意したりしないといけないですが、そこはエネルギーを減らしてサポートを多めに積んでおくことでカバーしていけば問題ないと思います。

弱点は相手がベンチポケモンを出さないと火力が出にくいところですので、そこをなんとかできるかがデッキ構築のポイントですね。
posted by 神童来夢 at 20:54| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

めざめる超王剥いてみたよ

いよいよ本日、めざめる超王が発売となりました!
デスタムーア第一形態張りのラスボス的演出により、謎の強キャラ感を出しているメガフーディンさんのパッケージが素敵です。
早速何箱かムキムキしてみたので、結果を晒してみますよ( ^ω^ )

【1箱目】
オムスターBREAK
MフーディンEX
グレイシアEX
ゲノセクトEX
レア6枚

【2箱目】
ロケット団の工作(SR)
ルギアBREAK
フーディンEX
キングドラEX
レア6枚

【3箱目】
MフーディンEX(SR)
ドータクンBREAK
MチルタリスEX
グレイシアEX
レア6枚

【4箱目】
フーディンEX(UR)
マフォクシーBREAK
グレイシアEX
キングドラEX
レア6枚


どうやら今回のレア以上の封入率は、RR4{BREAK枠1、EX枠3(メガ1:通常2)}、R(非EX)6のようです。
で、SR以上が入ってくる場合(たぶん1/2の確率)、枠が1枚減になるみたいですね。
今までは非EX枠が1枚減になり、RRとRの比率が5:5になるパターンが多かったんですが……ケチ臭い変更点、俺は好きじゃないね。

(追記:あと何BOXか剥いた結果、BREAK2:EX2の箱があったりしたので、RR内の比率は割とアバウトっぽいです。)


RR以上の内訳は、
【UR】
・フーディンEX

【SR】
・ロケット団の工作
・EXポケモン全種類

【RR】
・マフォクシーBREAK
・オムスターBREAK
・ドータクンBREAK
・ルギアBREAK
・MフーディンEX
・MチルタリスEX
・グレイシアEX
・フーディンEX
・ブラッキーEX
・ゲノセクトEX
・キングドラEX
・チルタリスEX

です。
RR以上は、BREAKが4種、メガEXが2種、普通のEXが6種の計12種ですね。
単純計算で、12(種)×4(枚)÷4(枚/BOX)=12(箱)
ということで、4枚フルコンプするには最低でも12箱必要な計算となります。
レアリティ統一の関係でRRで揃えようとすると、これより更に剥く必要がありそうです。

まぁポケカの箱は割引込みで2500円くらいなので他より安いですが、昔みたいにパックだけでフルコンプを狙うのは厳しそうです。
大人しくシングルを使うのが懸命ですね。
シェイミみたいにバカ高くなりそうなのもなさそうですし。






posted by 神童来夢 at 13:10| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

脳筋全開 闘ポケモン

XYシリーズになり、他の色に比べて大幅に強化が進んでいる闘ポケモン。
史上類を見ないパンプアップの重ね掛けに次ぐ重ね掛けで、ちょっと意味のわからない事になってきています。
何かスタッフに闘ポケファンが居るんじゃないかと疑ってしまうような露骨な贔屓具合はどうにかならんもんですかね…

今度出るジガルデのスターターにも強力なカードが大量封入される模様です。


その中でも脳筋方向に振った1枚がこちら。

《レジロックEX》
たね/闘/HP180
弱点:草/抵抗力:なし/にげる3?

【特性】レジパワー
このポケモンがいるかぎり、自分の闘ポケモン(レジロックEXはのぞく)が相手のバトル場のポケモンに与えるダメージは+10される。

闘闘闘 がんばんプレス 100
次の相手のターン、このポケモンが受ける相手のワザのダメージは-20される。


BW環境で猛威を振るったプラズマ団デッキの核、デオキシスEXと(対象以外)同じ効果を持っています。
昔はエモンガを介したりで揃うまでにある程度時間がかかる場合もありましたが、今はフーパからいきなりコレが3体お出まししてくるようです。
《ストロングエネルギー》や《ちからのハチマキ》と違って、アタッカーを倒されてもチャラにならず、後続も続けてパンプされるというのが強力なところですね。
プラズマ団デッキはパンプ手段がデオキシスEXしかなかったのにも関わらず非常に強力だったことを考えると、他のパンプ手段が大量にあり、アタッカーの性能も引けを取っていない闘デッキにこれを与えるのは本当にヤバいんじゃないかと思います。

例のごとく《チャーレム》との相性は抜群で、《ファイティングスタジアム》と《レジロックEX》4体が場に出ていれば、本体は無強化の《チャーレム》のワザでもEXをワンパンできるようになります。
…まぁ4体はアレですが、2体出ていればハチマキをタスキにできたりするので、大分違ってくるハズですね。


これが何枚入っているか分からないですが、2枚以上入っているならジガルデのスターターは本当お得な箱だと思います。他のカードも強そうですしね。(というかメレシーは必須に近いと思う、絶対に手に入れておくべき)




posted by 神童来夢 at 19:49| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

ランダムスターター開けてみた

初代復刻ランダムスターター開封してみました!



でかい箱の中には、ポケカXYの説明書と、復刻版ラッキーコイン、そして入れ子でカードサイズの箱が入っています。

ラッキーコインは流石に型は流用していないっぽいです。


570DCCA7-DE7C-4A0F-B214-64408E2AE14A.jpg

左が昔の、右が今回の。
表面はかなり頑張っていて、光り方は当時のものと同じに見え、イラストは線の数まできっちり同じですが、彫りの線が全体的に細くなっているので、若干違和感があります。惜しい。
裏面は、復刻版は最近出てるのと同じ「pokemon」のロゴなので全然違います。
旧裏版はコピーライトが株ポケじゃない(存在しなかった)ので仕方ないですね。


ランダムスターターの封入の仕方ですが、箱の中に透明なパックが2つ入っていて、メインとなるAグループのパックと、サブ枠のBグループのパックで抱き合わせになっているようです。

Aグループは2種類、リザードンのセットと、フシギバナのセットです。

リザードンのセットは、Mリザードン、ギャロップ、ブーバー。
フシギバナのセットは、Mフシギバナ、パラセクト、モンジャラ。

リザードンの方は1弾リスペクトですが、フシギバナは…パラセクトェ…

トレーナーズは、入れ替え、キャッチャー、モンボ、サナ、DD、プラターヌが各2枚ずつ固定で封入されています。
あとエネはW無色が2枚と、対応する色の基本エネルギーです。

シールド戦をする場合、タイプ相性的に、リザードン側を引いた人はそれだけでアドバンテージですね。ひどい。
カメも入れてあげれば良かったのに…



Bグループは、更に内部で有色a枠、有色b枠、無色枠の3つに分かれていて、それぞれランダムに組み合わさって封入されているみたいです。

有色a枠は、
・バタフリー組
・ゲンガー組
・ゴローニャ組
・カイリキー組
の4組。2-1-1の割合で2進化ラインが入っているのと、無進化ポケが1枚。あと基本エネルギーが6枚です。
2進化ポケはキラ仕様になっています。
みんな再録ですが、バタフリーとゴローニャはレアリティが上がり、イラストも新規になっています。つまり、元がアンコモンの性能であるので

速攻進化、一撃必殺、自爆、トリプルシンボルと、癖のあるカード揃いのこの枠。
このスターターで初めて/久しぶりにポケカに触る人たちには、これらのカードからポケカの奥深さを感じて欲しいですね。


有色b枠はこれ。
・フリーザー組
・サンダー組
・ゴルバット組
・ディグダ組
・ピクシー組
2-1ラインの1進化ポケと、無進化たねが1枚、エネが5枚です。
フリーザーとサンダーはレリ仕様です。他はノーマル。
ゴルバット止まりなのが初代クオリティですね。
サンダーの裏には例のライチュウが潜んでいるので、頭一つ抜けている印象です。
ただ、他のカードがゴミかというとそうではなく、フリーザーの裏にいるギャラはリザードンに抜群取れるし、素の火力も高い。ダグトリオは1エネ60(じしん/ドンファンgreatのワザと同じ性能)という破格のエネ効率を持っています。ピクシーの裏のバリヤードは、ベンチを狙ってくるフシギバナへのメタとなります。ゴルバットもクロバに進化できないのは痛いですが、こっそりかみつくは健在です。
と、アタッカーにサポートにと、素直に優秀なポケモンが揃うこの枠。うまく使っていきたいですね。


無色枠は、
・ペルシアン-ケンタロス組
・ドードリオ-カビゴン組
の2種。エネルギーは無し。
無色で使えるのはいいんですが、持っているワザがみんなコイントスが絡むものばかりなので、戦力としてアテになるかは微妙なところです。
そんな中、にげるサポートを持つドードリオの強さが際立っています。


以上のポケモンに加え、下記の18種のトレーナーズの中から8枚がランダム封入されます。
1種1枚まで、グッズとサポートの区別は無さそうです。

・エネルギー回収
・エネルギーつけかえ
・きずぐすり
・クラッシュハンマー
・げんきのかたまり
・シンカソーダ
・すごいつりざお
・ハイパーボール
・はかせのてがみ
・ふしぎなアメ
・メンテナンス
・レッドカード
・イマクニ?
・ジャッジマン
・フラダリ
・ フレア団のしたっぱ
・ポケモンセンターのお姉さん
・ポケモンだいすきクラブ


例の1枚を除き、どれも戦局を左右する強力なカードです。
シールド戦をやる場合、この枠から何のカードが封入されているかがかなり重要なポイントになってくると思います。


シールド戦のツールとしてはかなり面白く作られていると思います。
カードの組み合わせの仕方がポケカ的にグッドな感じです。



ぜひとも今度こいつでシールド戦やってみたいですね。
誰か相手してw

posted by 神童来夢 at 00:15| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

ポケモン20周年!!




初代ポケモンを、小学生時代に体験できたというのは、本当に幸せなことだったと思います。

カスミが倒せなくて友達と攻略方法について話しあったり、
破壊光線覚えないからあげると言われたギャラドスのレベルを1上げたら破壊光線覚えたり、
親に頼みこんでポケモン青の全プレに応募したり、
今となっては絶対できないカオスな4コママンガ劇場で大笑いしたり、
どこから広まったかわからないレベル100にするバグ技を使ってみたり、
ミュウと波乗りピカチュウを量産したり。

ネットのない時代に試行錯誤しながら遊んだ思い出は、一生消えることはないでしょう。

20年もの間ポケモンと過ごした昔のコドモは、これからもずっとポケットの中身にファンタジーを持ち続けていくことと思います。
20周年おめでとうございます!!
posted by 神童来夢 at 00:54| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

どくマーカー作ってみたよ

D4F935C1-BE37-4524-AE05-98BB19C4588A.jpg


どくマーカー作ってみました(^ω^)

写真だと分かりづらいかもですが、表面をUVレジン(強い紫外線を当てると固まる樹脂)でコーティングしてあります。

サイズは30mm×20mmくらい。ダイソーで買ってきた型が割とちょうどいいサイズです。ヒモ通す穴は今回は不要ですが、しょうがない。

画像は公式サイトから拾ってきたホミカたんのイラストに、これまたGoogle画像検索で拾った沼(M14)の画像を背景として合成しています。
UVレジン練習用の試作品なので適当です。

プリントする紙は写真用の光沢紙を使用しています。じゃないとレジン液が紙に浸透して滲んでしまいます。
6497F409-37E3-4222-B66F-227D73412B9D.jpg

試作品の試作品として革命軍ロゴのストラップを作ってみましたが、普通紙に印刷したせいで思いっきり下地が透けてしまっています。
写真用光沢紙なら水をはじく上、紙も厚手なので、透ける心配はないみたいです。



もっと綺麗に作ろうとすると、スポットヒーターとかコンパウンドとか買ってくる必要がありそうです。
とはいえ、それ無しでもまぁまぁ見られるレベルのモノは作れそうなので、今度はやけどマーカーとか3倍毒マーカーとかも作ってみようかなと思います。



posted by 神童来夢 at 01:47| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

初代ポケモン限定パック



誤植かと目を疑いましたが…
なんとこのタイミングで、初代ポケモンと抱き合わせで、2DSが日本に上陸です。

2DSとは、3DSから立体視と折り畳みを廃した、廉価版の3DSです。
デュアルスクリーンっぽいですが、使われている液晶は1枚で、カバーで領域を分けているだけという、いかにもオモチャらしいアイテムとなっております。
折り畳みができないのを逆手に取り、強度の問題で3DSでは実現できなかったスケルトンタイプの本体を投入してくるところが更にオモチャっぽくて良いですね。
多少携帯性とホールド感に難がありますが、DSと3DSのソフトは(立体視はできず、旧3DSの処理速度ですが)問題なく動きます。
1500円のVC初代ポケモンがついて、お値段たったの9980円(税別)!
これなら子供のお年玉でも買えますね。
ついでに、まさかのVC初代にミュウを配信してくれる権までついてます。たぶんVCで151匹揃えるならこれしかない……


これ、明日から予約開始です。サブ機がほしいと思っていた人どうですか!
ちなみに、青版はポケモンセンター限定です。
これは初代の「青は限定」というネタなんでしょうが、男の子にとって一番無難なカラーである青がポケセン限定となると…地方民にはしんどいですね。あまり数もないだろうし。


謎の盛り上がりを見せるVC初代ポケモン界隈。果たしてどこまで行くのか……

posted by 神童来夢 at 12:38| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月14日

ガブリアス

A60044B5-6C98-401F-98A8-8ED5ADE0C054.jpg


《ガブリアス》(XY9)
2進化/闘/HP130
弱点:草×2/抵抗力:なし/にげる:0

闘 アサルトターボ 60
自分のトラッシュからエネルギーを1枚選び、自分のポケモンにつける。

闘闘 かみちぎる 80+
相手のバトルポケモンが「ポケモンEX」なら、80ダメージを追加。




なにこのイラスト怖いんだけど……

厨ポケ中の厨ポケ、大正義ガブリアスさんです。
本編での強さとポケカでの強さは大抵反比例するんですが、ガブリアスにはそんな定説など通用いたしません。
見てください、このスペック! 強そうな事しか書いてありません。実際強い。

まず上のワザ、アサルトターボ。
アサルトターボ……懐かしい響きだ……というのは置いておいて。
1エネ60点の時点で旧裏しかやった事のない人は腰を抜かすレベルですが、なんとこのワザにはトラッシュからのエネルギーブーストが付いています。
相手にプレッシャーをかけられる火力で攻撃でき、かつ後続を育てられ、しかもそれが1エネで動けるというこのワザは、テンポアドが最重要視されるポケカでは非常に便利です。
さらにこのワザがぶっ壊れているポイントとして、ブースト対象に全く制限がかかっていない所が挙げられます。
普通このテのワザは、「基本闘エネルギーをベンチの闘ポケモンにつける」という風になっている場合が殆どですが、このワザは、つけるエネルギーはどんな色の基本エネルギーだろうが特殊エネルギーだろうが何でもよく、つける対象もベンチでも良ければ自身でもよいと、非常に範囲が広く
なっています。
特に、特殊エネルギーをトラッシュからサルベージする手段はかなり限られているので、その点でも非常に珍しいです。
特に、強力な闘ポケ専用エネルギーである《ストロングエネルギー》をサルベージして自身につければ、下のワザが更に凶悪なものとなります。
《バトルコンプレッサー》でトラッシュに特殊エネルギーを落とし、このワザでサルベージすることで、擬似的な特殊エネルギーのサーチ手段としても使えます。

そして下のワザ、かみちぎる。
こちらは火力担当、対EX限定とはいえ、僅か2エネで160点もの火力を出すことができます。
EXポケモンですら160点の火力を出すには大量のエネルギーやその他のお膳立て(ベンチをいっぱい並べるとか)が必要ですが、これは相手がEXであれば他に何の条件もありません。2エネ貼るだけ。
色拘束は闘闘と若干強めですが、上のワザでブーストできる点を考えれば、単色デッキなら大した問題ではないです。
160点というのはEXを1撃で倒すにはあと1歩足りない数値ですが、今回の《ガブリアス》は闘ポケ扱いなので、前述の《ストロングエネルギー》をつけるだけで、180点まで持っていくことができます。
180点の火力だと、ほぼ全てのメガシンカしていないEXを1撃で倒すことができるので、バランス調整として素のダメージを160点にしたんだと思いますが、《ファイティングスタジアム》や《ちからのハチマキ》など、20点くらいパンプするカードは他にもあるので、ワンパン圏内まで持っていくことはそんなに難しくありません。
また、上のワザの60点と、下のワザの160点を足すと、220点になります。無理なくM進化ポケモンにプレッシャーを与えていける絶妙な数値ですね。


という事で、2種のワザを使い分けて場を構築していくのが基本ですが、別に居座る必要もなく、ワザの軽さとにげる0を活かして柔軟に動いていく事も可能です。
HPが若干低めなので、ある程度の火力のあるデッキ相手だと厳しいですが、《まんたんのくすり》
で全回復しながら戦うのもアリだと思います。


弱点は前述の若干HPが低い点と、2進化であるという点。
とはいえ、HP130は低すぎるというわけでもありませんし、闘ポケなので《きあいのタスキ》も使えます。
2進化だという所も《コルニ》を使えば飴とガブの両方をサーチできるので、1体も立たずに完封されることはあまり無いんじゃないかと思います。本当、闘ポケは優遇されていますねw



最近は非EXのデッキも結構あるので、最大限に活躍できるかは相手次第ですが、そうなったらオトモゲンシグラードンあたりで戦う事もできますからね。



posted by 神童来夢 at 21:42| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

こわいおねえさん

《こわいおねえさん》
サポート

場に出ているスタジアムをトラッシュする。その後、相手は相手自身の手札を3枚選び、トラッシュする。


※注意!このカードにはルール上勘違いしやすい用語が含まれています※


破天の怒りで登場するサポートのカードです。
なんと、相手の手札を3枚も刈り取るという、非常に凶悪な効果を持っています。

BWシリーズに《バッドチームのジムとサブ》というハンデス効果を持ったサポートがありました。
これは、コイントスを1回行い、成功すればランダムで3枚ハンデスという効果でしたが、こちらも決まれば強力ではあるものの、コイントスが絡むので、あまり使われませんでした。

対して今回の《こわいおねえさん》ですが、コイントスのランダム要素が取り払われたので、運ゲーではなく戦略として使っていける性能になっています。
ただし、使うにあたってはそれ相応の準備が必要なので、ただ突っ込んでおけばいいというカードではありません。

まず第一に、冒頭の注意点である、勘違いしやすい点。
「ーする。その後、〜する。」というテキストの処理について、前段に書かれている処理がひとつも行えなかった場合、「その後」の効果は発揮されません。
つまり、場のスタジアムをトラッシュできなければ、ハンデス効果は発動しない、ということです。
殿堂ルールでジラーチ突っ立てて6枚ハンデスwwwww  とかは、そう簡単にはいきません。
相手が都合よくスタジアムを出していてくれれば、それを破壊しつつハンデスできますが、相手がスタジアムを使っていない、もしくは警戒して出してこない場合、自前で破壊する用のスタジアムを用意する必要があります。
(灼熱の大地》や《パラレルシティ》なんかが候補ですね。
(昔なら《トロピカルビーチ》だったんでしょうけど、そんな高いカードは持っていない。そもそも今は全ルールで禁止カードです。)
連打するとなるとスタジアムももう1枚用意する必要があるわけで、スタジアムのサーチのしにくさも相まって、なかなか揃えるのが難しいと思われます。

第二に、ハンデス対象は相手が選択するという点。
知っての通り、ポケカはドローソースが非常に強力です。
ハンデス対象を相手が選ぶ場合、1枚でも手札が残れば、それは大量ドローソースである可能性が非常に高いです。
せっかく3枚もハンデスしたのに、返しのターンで《プラターヌ博士》を使われてしまえば、一気に巻き返されてしまいます。
そうなると、貴重なサポート発動権を使ってまでする意味があったのか?という話になってしまうので、これを使うならば、できれば相手の手札を0枚にしたいところです。
《カラマネロ(XY1)》や《ゾロア(赤い閃光)》あたりを使って、なんとか0枚まで持っていきたいですね。
そういったシナジーが見込めなければ、発動タイミングをきっちり見計らって、相手の手札が3枚以下になったら撃っていきましょう。

第三に、このカードを使うと、他のサポートが使えないという点。
当たり前ですが、このカードはサポートなので、ターン中に1回しか発動できず、他のサポートも使うことができなくなります。
で、このカードには、自身の展開をサポートする効果は一切付いていないため、他のカードでドローなりできなければ、逆にこちらが事故る羽目になってしまいます。
幸い?今は《シェイミEX》を筆頭として、サポート以外のドローソースも結構あるので、その辺を厚めに積んでおきたいですね。



と、使う上での注意点が結構あって、デッキ単位で組んでいかないと上手く扱えない感じですが、逆にハマれば3枚ハンデスは非常に強力です。なんたって3枚ハンデスですからね!
ハンドを刈り取った後は《ソーナンス》やら《オーロット》やらで一方的にボコボコにしてやりましょう。



posted by 神童来夢 at 23:50| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

炸裂バルーン

《炸裂バルーン》
グッズ/ポケモンのどうぐ
ポケモンについているこのカードは、相手の番の終わりにトラッシュする。
このカードをつけているポケモンが、バトル場で相手のポケモンからワザのダメージを受けたとき、ワザを使ったポケモンにダメカンを6個のせる。



炸!裂!バルーン!!

原作を無視してこういう不穏な単語がバンバン出てくるのがポケモンカードの良いところですねw


BW時代にあった《ロックガード》の調整版です。
破格の60ダメージはそのままに、ACE SPECではなくなったので複数積むことができるようになりました。
その代わり、攻撃されてもされなくても1ターンで剥がれてしまうので、使うタイミングがかなり重要です。
例えばこちらが火力120のワザを持っていて、相手はHP180のポケモンを立てている状況だと、
・殴られる→60ダメ→返しで120ダメ当てて気絶
・殴られない→返しに120ダメ→相手の攻撃を耐える→もう1発殴って気絶
という、どちらに転んでも有利な状況を作れますが、どうでもいい場面で貼っても1ターン待たれるだけなので、ただ貼っておけば良かった《ロックガード》と比べると大分テクニカルで面白いカードになっていると思います。

また、1ターンで剥がれてしまうのを逆手に取って、M進化できるポケモンにつけておくのも有りですね。
特にジュカインEXやライボルトEXのような、メガ進化しない方が火力が出るポケモンとは相性抜群です。


それにしても、今度の新弾は強力なトレーナーズが多いですね。
箱買い安定ですよですよー

posted by 神童来夢 at 20:07| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。