ポケモンカード公認自主イベントについてはコティラ
来夢のポケカ日和


2016年08月12日

デッキケース作ってみた

02E35304-9E49-419B-AAE9-C16FF883E443.jpg

デッキケース作ってみました(^ω^)


前回(どくマーカー作ってみたよ)はレジンを使ってどくマーカーを作りましたが、今回は紙をベースにいろいろ手を加えていきます。

なんと材料は全てダイソーで調達できました。
用意したのは、
・厚紙(美濃判・A3・5枚入り)
・インクジェット用光沢紙(A4・7枚入り)
・手貼り式ラミネートフィルム(A4・3枚入り)
・手芸用フェルト
・マジックテープ
・両面テープ
の6点。
1個デッキケースを作るのに使う紙は1枚〜2枚、フェルトと両面テープも沢山余っているので、3個は作れそうですね。


054DFAEA-29C1-4170-8590-09F21D9F202F.jpg
まず厚紙で型を取って、その上に光沢紙で印刷したイラストを貼り付けます。
(イラストは さいとう なおき先生のものをお借りしました。カスミのデッキシールドの絵を描いた人です)
で、それを箱の形に組み上げたあと、上から手張り式ラミネートフィルムを被せました。

この手張り式ラミネートフィルムは、内側に糊がついているシートが2枚重ねになっていて、それの間に紙を入れて挟むことで、ラミネーターがなくてもラミネート加工できるというアイテムなんですが、液晶保護フィルムのように単体で貼り付けることもできる優れものです。
気泡には注意が必要ですが、うまく貼れれば強度が大幅にアップするとともに、仕上がりもいい感じの光沢が出て見栄えが良くなります。
それでいてA4サイズが3枚入りで百円と非常にリーズナブル、良心的価格でございます。いやホントに。
長く使いたいキャラクターストレージBOXなんかの補強にもいいと思うんで、ぜひとも一度お試しあれ。


9592B881-3803-4BC4-B230-5037EDD6D9FA.jpg
やっぱりデッキケースの蓋はマジックテープが至高ですね。
今回はシールタイプのものを使用しているので簡単につけられます。
軽い、薄い、柔らかい、加工しやすい。剥がそうとしなければしっかり貼り付き、剥がすときは簡単に剥がれる。
NASAの ちからって すげー!

切り込みに差し込むタイプはカードを痛める可能性があるので好きじゃありませぬ。
もっと厚い紙を使ってハードタイプに仕上げるならスナップボタンもアリだと思うんですが、加工が難しそうなので今回はパス。

で、これは明らかに失敗なんですが、画像では半円状にマジックテープがついていますが、これの向きが逆の方が良かったです。
剥がし始める方の面積が狭くなっている方が軽い力で剥がせるんですね。
あとマジックテープの量もこんなに要らないです。マジックテープさんは案外できる子なので、もう半分でも充分仕事します。

あと、ポケカのデッキケースを参考にしたので、蓋は半分くらいの位置で止まるようになっていますが、これも前面に全部覆い被さる形にした方が楽だし絵も切れないので良かったですね。


75C51D03-8C49-45C2-BF97-93C1E9EB7B9E.jpg
中はフェルトを貼ってみました。
なんかベルベット調=高級!みたいなイメージがあるので、折角だからやってみたかったんですよね。

...が、これは100均クオリティだからだと思うんですが、使用したフェルト生地の毛羽立ちがすごいです。
そのままの状態だとカードのエッジが引っかかって、うまく入らない始末。
仕方ないので毛羽立ちの部分をある程度バリバリとむしりとりましたw
その結果、まぁまぁ使えるところまでは持って行けました。

寸法を大きくするか、もっといいフェルトやベルベット地を使った方がいいですね。

5BEA388E-A520-4B65-B304-67D1F0F88C91.jpg
裏面はヒカリちゃんです。ぐうかわ。
この面が一番イラストが綺麗に出ます。
面積もでかいのでフィルム貼りが難しいです。



試作品にしては、なかなか良い感じに仕上がったと思ってます。
何回か使ってて、やはりマジックテープの部分が少し剥がれかけてきているので、今度作るときはそこを改良しないとです。

自作デッキケースのいいところはサイズを自由に決められる点なので、もっと色々作ってみたいですね。

posted by 神童来夢 at 01:56| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

バトルスピリッツ ダブルドライブ



バトスピアニメ、新シリーズきた!


すべてのバトルスピリッツの始まりの世界、「スピリッツワールド」。
そこはかつて恐るべき邪神皇により崩壊の危機にあったが、時の勇者たちが十二神皇の力をもって闇の力を封印した。
しかし、長い年月の後、今また邪神皇の復活を目論む悪の者が現れた。
主人公、茂上駿太は、カードに導かれ、異世界からスピリッツワールドに召喚される。
同じく別世界から召喚された少年、ヨク・アルバトロサと共に、スピリッツワールドを救うため、世界中に散らばった十二神皇を探す旅に出る…!




どうですかこれ!
カードゲームのアニメの設定としてはこれ以上ない厨二具合。最高ですね!
深夜のハーレム系テンプレラノベアニメ界で濫造されて食傷気味な異世界召喚モノですが、本来の使い方はコレ、キッズ向けホビーアニメ。
ホビーのフィルターがかかることにより、これまたテンプレな和製ファンタジーに適度な捻りが加わって、純粋に楽しむことができるようになります。
そもそも、いかにベタベタであろうが、それに人生において初めて触れるのであれば、その体験は新鮮そのものなので、キッズ向けは王道ド直球でも全然問題ないのです。むしろその方がいい。

キャラデザがちょっと幼すぎるのが難点ですが、謎めいた相方あり、かわいいヒロイン(この点ではキャラデザ幼いのは利点ですねw)あり、鎧装備のイケメン敵役ありと、魅力あるキャラ作りをしています。後はストーリーのアツさで補ってほしいですね。


前情報でのワクワク度は歴代カードアニメの中で一番かも知れません。
(GXもゴッズも始まる前は不安しかなかったから……)
キッズアニメ党な来夢さんの春アニメのオススメ筆頭はコレですね。
今やってるバトスピも面白いので悩ましいですが、それ以上を期待してますです。

posted by 神童来夢 at 22:07| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

どうぶつの森amiiboカード

箱買いすると全種類揃うようになってんのね。
非常に良心的……!
トレカではお決まりの「一箱で全種類揃うとは限りません」の注意書きもない。
仕様でこうなってるんだとしたら、amiiboカードはトレカとして売る気がないって事なんでしょうね。
若しくはトレカの常識を知らない、(ぶつ森メインターゲットであろう)ライト女子層に噛みつかれるのが面倒だったか。
なんにせよ、買う方としてはお財布に優しくていい事ですよ。単価高いから余計にね。
posted by 神童来夢 at 00:05| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

MTG映画化くるー…?

『Magic: The Gathering』20世紀フォックスが映画シリーズの権利を取得しハリウッド映画化へ


お決まりの権利取得きたこれ!

いつになるか、ならないのか、分からないけどワクワクしますね!

MTGはブロックが違うと全く違う話になるので、どこを映画化するのかも楽しみです。
ウルザの話ならスターウォーズっぽい正統派のSFでいけるし、新プレインズウォーカーとボーラス様の話ならこっちは正統派のファンタジーになる。
なんなら「俺のターン!ドロー!俺は手札からこのクリーチャーを召喚するぜ!」(ドン☆)だって問題ない。

プロデューサーはXメンの人らしいんで、こういう企画には慣れてるはず。
どういう形であれ、ぜひ面白いものを出してきてほしいですね。



うん。出すのが大事だよ。たとえ某レボリューションみたいになろうともね。
posted by 神童来夢 at 02:03| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

超ざっくり版・カード破産への道

数百万円分の紙束を抱えたみなさんこんにちは!

かくいう私も10年以上もカードゲームをやり続けているわけですが、果たしてどのくらい糞コンマイ等に献上してしまったのか、某職種お得意の概算と按分だらけのデータで振り返ってみたいと思います。


まず、今のようなペースでカードに金を突っ込むようになった期間として、計算期間を10年間とします。

遊戯王は基本的に3か月に1回のペースでエキスパンションが発売されます。
ノーマルとレアを3枚ずつと、有用なスーパー以上のカードを揃えるとすると、だいたい3箱分+α程度のお金がかかると思うので、エキスパンション発売時には15000円の出費があるとします。
年間で計算すると、15000×4=60000円です。

次に、ストラクチャーデッキですが、これは半年に1回程度のペースで出ていると思います。
これを3箱買うと、1回で3000円×2回=6000円。

プレパやデュエリストパック等の特殊なパックは、だいたい年3回発売され、かかる値段は平均するとメインのパックの半分くらいだと仮定すると、7500円×3=22500円。

書籍付録のプロモーションカードとして、VJの年間購読が6000円。×3で、18000円。
ヴァリブが年1回出るので、1000×3=3000円。
遊戯王の単行本が年3冊で、400×3×3=3600円。
週ジャンやオーバーレイガイド等で年間1500円くらい×3=4500円。
合計で、約29000円。

デュエルディスクやDXスターター等の大型商品が年1回あるとして、5000円×3=15000円。

ゲームが年1回平均だとして、4000円×3=12000円。


ここまでの合計で、1年あたりの遊戯王にかかる金額は、約14万5000円。
単純に10年換算すると、145万円になります。


更に、
ターミナルが14弾まで出たので、回す&シングル買いで平均10000円として、14万円。
亜版や米版のシングルやTIN缶を買ったりすると、だいたい年間3万円くらい。10年で30万。
米版のパックを買うと、1回2万×4=8万円。10年で80万。
さらに大会の参加費(移動費、食費等)をのっけて、もろもろでヘビーユーザーだと300万くらいはいくんじゃないでしょうか!(後半なげやり)

さらに他のカードゲームもやっていると、倍率ドンでだいたい500万くらいは使ってるんじゃないでしょうかね。

いやー、怖い!怖いですね!
外車余裕すわ。ベンツEクラス買えるわ。買わないけど。

テレビゲームと似たようなもんだと思わせといて、あっちは10年で本体25000×3(世代)=75000円、+ソフト月1本計算で5000円×12×10=600000円で、10年で100万を遥かに下回るコスパの良さ。



正直、500万もありうるかなというのが見えてきただけで戦慄すわ。
他の趣味は10年続けるとどれだけ金がかかるのか気になるところですね。
posted by 神童来夢 at 18:09| 群馬 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

知らないうちにヴァンガードの体験版来てた

3DSのヴァンガードのゲーム、知らないうちに体験版が来てた。
体験版のくせにメチャ重いw
あとから受信推奨です。


体験版は30回起動できて、チュートリアルとストラク対戦が遊べます。

アイチとかの立ち絵はアニメ調の2Dなのに、なぜかカードゲームのパートになると盤面が3Dになる謎仕様ですが、奥行きがでて広く見えるからアリかもしれないと思いました。



さて、ゲームてすが、結構テンポもよくてサクサクプレイできていい感じです。
起動できない(笑)がなければ結構がんばってる印象。



ても肝心のヴァンガードのルールが坊主めくりすぎて話になんない…
特にストラク対戦だとバニラモンスターばっかなので、更に坊主めくり。
やっぱヴァンガードはケロケロAの付録の時から本質は変わっていなかったということか…



まぁ、体験版で暇つぶしに遊ぶ分にはいいんじゃない。
3DSでできるカードゲームってコレしかないし…

はやく遊戯王かポケカ出ないかな。たのむ!たのむ…
posted by 神童来夢 at 23:36| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

ヤフー知恵遅れに噛みついてもしょうがないんだが

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1363689908?fr=rcmd_chie_detail_spn


調べ物してたら出てきた。


これねぇー…
MTGプレイヤーはどうしてこう排他的なんですかね。
マジック=カードゲームの究極形!他のカードゲームはクソ!!っていう認識しかできないなかと。
確かにTCGはマジックが元祖だし(それにしたってゼロから生み出されたわけじゃない)、他のカードゲームはそれを参考にしてる部分は大いにあると思うけど、それが唯一無二の完成形ってことはないよね。
遊戯王はマナがないおかげで使いたいカードも出せないままウィニーにボコボコにされるなんて事は少ないし、アニメのキャラクターになりきってゴッコ遊びをする楽しさもある。
そういうのをメリットとして見られずに、大味だとかジャリゲーだとかで否定しかできない人が多いから、オッサンしか居ないような状況になっちゃうんだよね。
うちらが小学生の時は同級生がマジックやってたりしたもんたけど、今じゃ小学生なんて誰もやってない……っていうか、オッサンだらけの環境に子供だけで行くのは危険すぎるw

あと昔のオタクっぽい皮肉めいたムカつく言い回しが鼻につく。これも人を遠ざける要因ですね。


確かに今の遊戯王はアレな環境だけども、過去には楽しかった時期もあった。楽しくないゲームが遊戯王以上に強力なバックのあるポケモンカードすら衰退させるほどの超人気になろうかと。




まぁなんだ、長期的に見ると、結局カードゲームで一番大切なのはプレイヤーですよね。
排他的なコミュニティには人は集まりませんし、殺伐としたところからは人は抜けていく一方だと。

今のところヴァンガードは新しめなカードゲームだということもあって人が集まっているけど、これから先はどうなるか…
posted by 神童来夢 at 19:48| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

ヴァンガード3DS

知らない間に発売日が決まってた。
4月11日ですってお。

プレイ動画が公式ページに上がってたけど、けっこうサクサク動いてる印象。

開発はフリューってとこで、よくわからんのでググってみたら、プリクラ屋だった。
ちょっと前にVジャンで紹介されてた、アンチェインブレイズってゲームも作ってたらしい。

定価5000円なら、20%引きのところで買えば4000円。
さらに特典カードをオクで売り払えば2〜3000にはなるだろうから、ちょい贅沢な夕飯くらいの値段で手に入る。
コレならプレイしても良いかなって気になりますお。





で、カードゲームといえば、ゲハで話題のモンスターモンピースてすが、誰か買った人いたら感想教えてくれろ。
エロ方面はどうでもいいから、カードゲームの部分が面白いかについて…
そこ次第ではちょっと欲しかったりする。カードゲーム日照りなので…
posted by 神童来夢 at 18:07| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

カード破産

ちょっとプレイしているゲームが多すぎるわ。

カードゲームは2つまでが限界とあれほど肝に銘じていたのに、気づけば4種も掛け持ちしているというね…




・クソゲー
正直今の環境で毎週大会に出る気は全くしない。
が、これを切ってしまうと革命軍とは何だったのかとなってしまうので切れないw
フリーでやると俺TUEEEEEで終わってもいいし。
あと家で独りで回してると最高に楽しい。(さすがソリティア!)


・真遊戯王
これマジ神ゲーだからやったほうがいいよ!
最高に面白いのにお金がほぼかからない!
だが大会は革命軍杯しか無い。
そもそもお金がかからないので切るとか関係ないw


・ポケモンカード
ハーフはクソゲー以上の大味ゲーなのに、不快な感じがしない。ふしぎ!
実質これがメインになってる。
大会に行っても頭痛が起きない。
元ネタの力でカード収集に気合いが入りすぎる。(=すごいお金かかる)


・マジック
最近まわりで流行っている。
まともに構築しようとするとアホみたいに金がかかる。(主に土地のせい)
パックが高い。
デッキを組まなくても遊ぶ手段がある。
大会は1戦で頭が痛くなる。


・FoW
いろんなカードゲームのパクリなので、割とゲーム性は高い。が、ルールはザル。
人口が少ない。
イラストがクソすぎる。(=コレクション的な価値が皆無)
パックが超高い。
大会には出られていない。




いろいろ書き出すと良いところと悪いところのバランスが見えてくる気がする。
一番金かけてるのはポケカなんだけど、カードを眺めていて一番ほっこりするのはコレなので手放せないよなあ。
posted by 神童来夢 at 20:43| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

fowのイラスト

まさかあんなにイラストがダメだとは……

良い悪いじゃなくて、根本的にヘタ。
パックはもうちょっとマシかと思ったらそんなことなかった。

新規参入でお金が無かったんでしょうね。
しかし収集欲が出ないようなイラストじゃあ目を引かないですよ…
posted by 神童来夢 at 12:58| 群馬 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

ポケカ北海道大会

2位に入った人がポケカ歴3か月の女性!



→・元遊戯王勢の一味
 ・イカサマがバレて遊戯王界を追放されたプリニーという男のツレ
 ・2枚ドロー目撃例
 ・トスってくれませんか?^^




ポケカの方がコイントスあったりしてイカサマの機会が多いから、さぞやりやすいでしょうねえ!

遊戯王が衰退して他のゲームに流れるのはいいんだけど、一緒にこういう連中が流入してくるのはいただけないな…
 
posted by 神童来夢 at 07:29| 群馬 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

環境論〜入門編〜 | ポケモンカードゲーム公式ブログポケカネットジム

http://pcgn.pokemon-card.com/blog/2012/11/000273.html





ポケカの公式ブログの記事だけど、コレが結構おもしろい。

カードゲームをある程度やり込んでくと、一番重要になってくるのが、環境を読むこと。

特に最近は強力なデッキはすぐにネットでレシピごと広まってしまうので、カードパワーだけでいう"最強デッキ"が誰でも持てちゃうんですよね。
で、みんなこの最強デッキに勝ちたいから、それに対して有利なカードを入れていくと。
そうすると今度は更にその有利なカードに対して対応できるカードを入れて……とやっていくことになります。

まぁ古参のカードゲーマーには常識でしょうけど、これがメタゲームですね。



ポケモンカードは遊戯王やヴァンガ以上にお子様が多く、小学校低学年で大会に出るなんてこともザラにあります。
更に子供の相手をしてやるために始めた親御さんプレイヤーも結構います。
そんなカード初心者向けに、メタゲームを図入りでわかりやすく説明しているのがこの記事です。

もちろんそういう初心者さん達にはぜひ読んで欲しいですが、カード歴が長い人でもあやふやになってる部分があると思うので、読んでおいて損はないかと思います。
トップメタだのアンチだの、とっつきにくい専門用語が簡単に再認識できます。




ポケモンカードのブログはたまにこういう為になる記事があるので面白いです。
なんにもやらんコンマイは論外として、MTGも更新頻度は凄くて読み応えがあるんですが、いかんせん内容が難しすぎる(そもそもゲーム自体が複雑だし、キーワード能力多すぎだし)ので初心者向けじゃない。
その点、プレイヤーの年齢層を考慮しつつ、難しい話を分かりやすく解説するポケカのブログは貴重な存在ですね。
これでメタゲームを知って深みにハマったお子様達は、将来立派なカード廃人になることでしょう。
さすがポケモン、マーケティングがうまいw


カードゲームはなかなか参考書や用語辞典的なものがないので、こういうブログの記事なんかを集めた本が出てくれれば買うんですけどね。出ないかなぁ。
posted by 神童来夢 at 01:26| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

ヴァンガードはソーシャルゲー

2ch見てたら成る程なぁと思う書き込みがあった。


「ヴァンガードそのものをTCGというひとつの分野で見た時、ゲームとしてやっていけるの?
オリジナルとはいえ既にヴァイスシュヴァルツのようなキャラゲーの様相を呈すゲーム運びになってるが
出して殴って引いて捨てて出して殴って引いて捨てて出して殴っての繰り返しがLB追加後やG4試験導入後も結局そのまんま
ゲーム全体でやれることが少なすぎてわざわざカードゲームでやる必要が無く、ソーシャルゲームでボタン連打して快感を満たす層に合うレベルでしかない

ヴァンガードの話題を出してももう参加絵師の話かアニメのどこがアニメとしてつまらないかに収束してしまうし
ブシモ?だっけ?アレも話題逸らしもいいとこだけどボタン連打ゲー増産企業としては身分相応なのかなとは思う
プロレスのカードゲーム作ってる余裕があるならもうちょっとその場しのぎの体制を直した方がいいんじゃないんですか?
そのプロレスのもかなり酷いゲームシステムですが売る気はあるんですか?」




出して殴って引いて捨てて……の繰り返しだけでゲームが決まると。
プレイヤーはボタンを連打するがごとく、なにも考えずに引いてきたカードをプレイするだけ。

カードを集めるのがメインで、ゲームは連打するだけと、これは完全にソーシャルゲーですわ。
だからあんなに人気が出るんですね。
俺にはソーシャルゲーはひとつも面白さがわかりませんが、現実にコンシューマーゲームを脅かすほど人口があるわけだから、かなりの人間があのクソゲーを面白いと感じているわけです。
そういった層は、既存のカードゲームは難しそうで手が出ないと思っていたと思われますが、ここを引き込んだことで今のような爆発的人気が生まれたんじゃないでしょうか。
引き込んだのはもちろん遊戯王から弾かれてきた人達ね。





で、連打ゲーの行き着く先はどこか。

パチンコですよ。


ソーシャルゲーマー下矢印2
    ↓↑      パチンカス
 糞カードゲーマー右矢印2


と、見事にお客を小学生から死ぬまで確保し続けるルートが出来上がってます。
(普通のカードゲーマーは将棋とか囲碁とかに行くんじゃないですかね)

ブシロードがパチンコに手を出すのも時間の問題じゃないかと思います。
プロレス買収よりは驚かないw
posted by 神童来夢 at 08:36| 群馬 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

プラズマゲイル

ついにプラズマゲイルが発売になりました!

前情報で出てた新要素ってのは、結局プラズマ団のカードのことだったということでFA。
これ前にもいろいろあったじゃんねえ(´・ω・`)


個人的に気になったカードをピックアップしてみるお。

続きを読む
posted by 神童来夢 at 22:28| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

スタンダードの決定

スタンダードの決定(MTGのコラムより)

マーク・ローズウォーター(マジックのリードデザイナー)が書いた、「なぜマジックにはスタンダードという環境が存在するのか?」という内容のコラム。
まさに真理ですわこれ。長く続いたカードゲームがどうなってしまうのか?ということに対してのひとつの答えですね。


「トレーディング・カードゲームにとって最大の脅威とは?」の問いに対して。

 そのシステムにカードを加えるとなると、問題が発生する。構築で使えるカードの種類には限りがあるのだ。以前のコラム(「カードがダメになるとき」(リンク先は英語))で書いたとおり、全てのカードを良いカードにすることはできない。実際、システムの性質から言って、最高のものは一部しかあり得ないので、カードの大部分は最高のカードではない。より強いカードを作ったとしても、その数は変わらない。構築で使えるカードのリストが1枚入れ替わるだけなのだ。
 拡張セットで多くのカードを追加しても、この数は変わらない。つまり、カードを作るということは、直接にせよ、あるいはそれまで使えたカードを追い出すにせよ、使えないカードを作るということなのだ。新しいセットが古いカードを追い出すような作りになっていれば、それは強さの水準という面で問題が生じることになる。セットごとに強さの水準が上がっていき、いずれはゲームの限界を超えることになる(「第1ターン、そっちが何かする前に俺の勝ちだ」)。
 ゲームを完全に破壊するだけでなく、強さの水準が上がっていくことによってそれまでのカードの価値が暴落してしまうことも問題である。新しい強力なカードは他のものを押し出すが、その押し出されたカードはそれまでは強力なカードだったのだ。つまり、プレイヤーの持っているカードの価値がなくなるということになるので、良い気分ではない。



要は、カードプールが増え続けていくだけの環境では、バランスを取ろうと既存のカードに対して弱いカードを作れば、そのカードは作られた瞬間から「永久に使えないカード」になるし、逆に既存のカードより強力なカードを作れば、既存のカードはその瞬間に「永久に使えないカード」になる。そして、後者の場合は、やがてゲームが成り立たなくなるところまでインフレが加速してしまう。
で、既存のプレイヤーは、自分の持っているカードがどんどん紙になっていくのにウンザリして、ゲームから離れていく……と。


スタンダードの良いところは、完全上位互換のカードが出ても、そのカードがスタン落ちすることで昔のカードがまた活躍できるかもしれない、というところですね。
これなら「クズカードなど存在しない!」と言っても間違いじゃないと思います。

やっぱり、ゲームが保たない時が来ているんじゃないかと思います。某カードゲームは。
パクリ元先駆者が考えた、ゲームの延命のための良い方法こそ真似すべきじゃないかと思いますけどね。
posted by 神童来夢 at 00:36| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

PS3版MTG

PS3でマジックのゲームが出てたのでダウンロードしてみた。

体験版がタダでダウンロードできて、950円払うとデッキがいっぱい使えるようになります。


…うん、体験版をやってみたらわかると実感できますけど、遊戯王のゲームに慣れてると信じらんないくらいモッサリしてます。
UEもクソだし、デッキも自由に組めないし、フルプライスならブチギレるレベルの産廃ですが、タダならまぁ文句は言えないかなってレベルですね。
画面のきれいさだけはPS3クオリティ。



で、眠くなりながらも頑張ってラスボスのボーラス様まで行ったんですよ。
そしたらボーラス様がマジでえげつないデッキを使ってくるんで心が折れました…

1ターン目沼セット、アーティファクト設置エンド
→「モックス・ジェット」

…ももももモックス!?


そしてブーストからの「悪魔の教示者」、そして必殺「残酷な根本原理」。
除去は「稲妻」だの「終止」だのが普通に飛んできます。

残酷コントロールってやつに凶悪な昔のカードをぶち込んでみました(^o^)って感じで、ストラクに毛の生えたようなこっちのデッキじゃ全然かてませんw



もうムカついたんでデッキ破壊してやりました。
てか、それ以外で勝てんのかね…





ボーラス様の強大さに絶望したい人!
ぜひ緑あたりで倒してみてください!
posted by 神童来夢 at 18:09| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

ポケカでブードラ

犬さんのとこに、ポケカでブードラやったら面白いんじゃね的な記事があったので、もし参加する人が集まれば犬さんが帰ってきた時にやりたいなと思います。
ちょうど新弾もでるし、ただ開封するだけなのはもったいない気がするので(こないだのシールド戦に出てよくわかりましたw)いかがですか?

パックは俺が買うのでそれを使ってくれればおk。
1箱開ければコモンはたぶん全種類揃うので、ブードラなら進化ラインが揃えられないってこともないかなと思います。
ていうか、1袋5枚×20パックで1箱なんで、仮に4人でやるとしても1箱だとちょっと寂しい。
本家は45枚→40枚にするので、ポケカだと35→30枚にするとして、ひとり7パック必要。
進化ライン揃えないと戦えないので8パックにすれば、5人でプレイすると必要パック数は40、ちょうど2箱分になっていい感じです。

どうせ元から3箱づつ開ける予定だったんで、プレイしてくれる人募集しますおー
posted by 神童来夢 at 12:33| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

アーチエネミー

MTGは最古のカードゲームであり、イラストもポップでないので、お堅いイメージがあるかもしれないですが、多人数戦のルールが山ほどあったり、変なフザけたカードを本当に売り出したりと、実は一番カジュアルなカードゲームだと思います。

で、暇つぶしにそんなMTGの変則ルールを見ていたら、結構面白そうなのを見つけたので紹介します。






【アーチエネミー】

アーチエネミーは、1対多数の多人数戦です。
プレイヤーは、魔王役(1人)と、その他の冒険者役(何人でもok)に分かれます。

魔王はライフ40点、冒険者はそれぞれライフ20点でスタートです。

ターンは魔王→冒険者チーム→魔王…の順で進みます。(必ず魔王が先攻)
冒険者チームのターンは、各プレイヤーがフェイズ毎に全員まとめて行動します。(プレイする順番は話し合って決める)

魔王も通常のドローは1枚、マナは1枚しかだせません。(基本ルールには普通に従う)

冒険者は手札や場のリソースは共有しません。

魔王のメインフェイズの開始時に、魔王はメインデッキとは別に用意されている、特殊な凶悪な効果を持つカードで構成される計略デッキ(20枚、同名カード2枚まで)を1枚めくり、その効果を発動します。
めくった計略カードの効果が終了したら、その計略カードを計略デッキの下に戻します。

冒険者が倒されたら、元々の持ち主が倒れた冒険者のカード、発生源が倒れた冒険者のカードである効果、トークンなどは全てゲームから取り除きます。

魔王が倒されるか、冒険者チームが全滅するとゲーム終了です。






見ておわかりの通り、コバケンファイト用のルールです。
ターンの進みはフルボッコ仕様(ドローとかが一遍にできるから進行が早くすむかも)ですが、代わりに魔王コバケンは毎ターンノーコストで超強力な「計略」を発動してきます。


例えば……

《踊れ、哀れな人形よ》

あなたがこの計略を実行中にしたとき、各対戦相手はそれぞれ自分のライブラリーのカードを一番上から、クリーチャー・カードが公開されるまで公開し続ける。
あなたはその公開されたクリーチャー・カードのうち1枚を選び、あなたのコントロール下で戦場に出す。これにより公開された他のすべてのカードをオーナーの墓地へ送る。



とか、

《文明など滅びよ》

あなたがこの計略を実行中にしたとき、対戦相手1人 を対象とする。そのプレイヤーは自身か他かを選ぶ。そのプレイヤーが自身を選んだ場合、そのプレイヤー は土地を2つ生け贄に捧げる。そのプレイヤーが他を選んだ場合、他の各対戦相手は それぞれ土地を1つ生け贄に捧げる。



とか、えげつない効果が目白押し!

遊戯王でも、この計略カードを遊戯王風にアレンジして作れば、あとは丸ごとこのルールに乗せてプレイできそうです。



誰かテストプレイ手伝ってくれる人がいれば俺が計略カード作りますよw



でもこれは魔王の方が面白そうだな…
posted by 神童来夢 at 00:12| 群馬 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

多重スリーブ

ヴァンガード公式 ファイターズルール




ヴァンガードは2重スリーブ以上は禁止だってお!
キャラスリガード使うとパーフェクトサイズが使えない。


ブシロードは好きな会社じゃないけど、こういうところは流石カード専門でやってるだけあって対応がいいですねー。

遊戯王は過剰な多重スリーブ(しかも使い古し)で表面が曇ってテキストが判別できなかったり、シャッフルを2山に分けてやったりして遅延の温床になってたりするので、規制してくんないかなーとずっと思ってたりします。

ジュニアサイズinキャラスリinキャラスリガードの3重まで、表面はプリントなし限定ーくらいが丁度いいんじゃないですかね…







あっ、サヨナラばーくがるw
posted by 神童来夢 at 14:35| 群馬 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

最強ジャンプ

キャッスル・ゴレム付録ってどういうことなの……
posted by 神童来夢 at 18:29| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。