ポケモンカード公認自主イベントについてはコティラ
来夢のポケカ日和


2012年11月17日

環境論〜入門編〜 | ポケモンカードゲーム公式ブログポケカネットジム

http://pcgn.pokemon-card.com/blog/2012/11/000273.html





ポケカの公式ブログの記事だけど、コレが結構おもしろい。

カードゲームをある程度やり込んでくと、一番重要になってくるのが、環境を読むこと。

特に最近は強力なデッキはすぐにネットでレシピごと広まってしまうので、カードパワーだけでいう"最強デッキ"が誰でも持てちゃうんですよね。
で、みんなこの最強デッキに勝ちたいから、それに対して有利なカードを入れていくと。
そうすると今度は更にその有利なカードに対して対応できるカードを入れて……とやっていくことになります。

まぁ古参のカードゲーマーには常識でしょうけど、これがメタゲームですね。



ポケモンカードは遊戯王やヴァンガ以上にお子様が多く、小学校低学年で大会に出るなんてこともザラにあります。
更に子供の相手をしてやるために始めた親御さんプレイヤーも結構います。
そんなカード初心者向けに、メタゲームを図入りでわかりやすく説明しているのがこの記事です。

もちろんそういう初心者さん達にはぜひ読んで欲しいですが、カード歴が長い人でもあやふやになってる部分があると思うので、読んでおいて損はないかと思います。
トップメタだのアンチだの、とっつきにくい専門用語が簡単に再認識できます。




ポケモンカードのブログはたまにこういう為になる記事があるので面白いです。
なんにもやらんコンマイは論外として、MTGも更新頻度は凄くて読み応えがあるんですが、いかんせん内容が難しすぎる(そもそもゲーム自体が複雑だし、キーワード能力多すぎだし)ので初心者向けじゃない。
その点、プレイヤーの年齢層を考慮しつつ、難しい話を分かりやすく解説するポケカのブログは貴重な存在ですね。
これでメタゲームを知って深みにハマったお子様達は、将来立派なカード廃人になることでしょう。
さすがポケモン、マーケティングがうまいw


カードゲームはなかなか参考書や用語辞典的なものがないので、こういうブログの記事なんかを集めた本が出てくれれば買うんですけどね。出ないかなぁ。
posted by 神童来夢 at 01:26| 群馬 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このメタゲーム解説いいおね、1回で終わらせずしっかりとメタの変遷までなぞってくれているお!
MTGのは難しすぎて対象がもはや不明だおね。
これくらい噛み砕いたほうがやさしい方が、ユーザー獲得的な面でも優れている気がしますお。

ただ、小学生を対象にするなら漢字使いすぎな気も。
先輩とかは習わずとも読めるんだろうけど、風靡とか一般的な小学生では読めないし意味も分からないじゃろ…


そういえば何処かのクソゲーは、トップメタも半ば決まりきっていて対策もなされていたのにベスト4すべてが蟲というムシキング決定戦でしたおね。
カードパワーが高すぎるとメタもクソもないという、ある意味で反面教師的な見本だおね、あれ。
Posted by 夢珠 at 2012年11月17日 13:21
漢字は気がつかなかったw
本ならルビが振られるんだろうけど、ネットじゃないからなあ。

カオスの時の方がまだメタゲームあったよね。
それが嫌だったんじゃないの??
Posted by 来夢 at 2012年11月17日 13:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/302172284

この記事へのトラックバック