ポケモンカード公認自主イベントについてはコティラ
来夢のポケカ日和


2006年10月29日

翔んで行きたい

  

  

  
posted by 神童来夢 at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

日ハムとSHINJO

先日、日ハムが日本一になりました。

やはり短期決戦は勢いに乗れるチームが強いですね。日ハムには新庄を初めとするムードメーカーが大量に居る&北海道ではもの凄い数のファンが球場に詰めかけるというアドバンテージがあるので、中日が名古屋で2タテ出来なかった時点で勝負は決していたのかもしれません。



で。
日本シリーズが終わったことで、ついに引退となった新庄。
最近低迷気味だった日本の野球人気を取り戻してくれた、日本球界にとってなくてはならない人です。

新庄というと、被り物をして球場を走り回ったり、襟付きアンダーシャツを着て審判に怒られたりと、ふざけているという印象があるかもしれません。
が、新庄は、野球に対しては他の誰よりも真剣で、そして野球を愛していました。

引退会見の時に持ってきた愛用のグローブ。

阪神入団時に7500円(安い!)で買った物を、引退時までずっと使い続けてきたそうです。
4回も修理に出したグローブは、見るからにボロボロでした。
大リーグにも一緒に行ってきたのでしょう。
新庄という選手の一番の特徴である「鉄壁の守備」は、このグローブとともにあったのですね。

「あと1回ウッズのライナーを受けていたら、グローブは壊れていた」
「グローブが限界といったから、引退を決意した」
引退会見の時の言葉です。
普通、新庄クラスなら新しいグローブがスポンサーから毎年送られてきてもおかしくありません。それでも昔から使っていたグローブを使い続けるのは、ただ新庄がチャラチャラしただけの性格ではないことを表していると思います。

グローブだけでなく、新庄は道具を大切にすることで有名です。
そのような野球に対する真摯な姿勢を持っている新庄がなぜあんなに派手なパフォーマンスをするかというと、それは野球が好きだからです。
自分が大好きな野球に触ったことのない人を振り向かせるために、わかりやすい形でパフォーマンスをして寄ってきてもらう。そして、その上で素晴らしいプレーを見せて野球ファンになってもらいたいという気持ちから、あの派手なパフォーマンスをしていたと思えば、堅物な昔からの野球フも納得できるかもしれませんね。




新庄が阪神にいた頃は、何度もいい当たりをファインプレーで止められてしまっていたので、憎たらしい印象すらありました。
それが大リーグへ行き、一人のプレイヤーとして見られるようになり、大方の予想を裏切り大活躍したとき、この人はすごい選手だなと感じるようになりました。

そんなカリスマ性を持った選手がまた一人グラウンドから居なくなってしまうのは寂しいですね。







他に日ハムでカリスマ性を持った選手といえば小笠原がいましたが、FA宣言してどっかに行ってしまいます。
ここは2年連続Bクラスで、サードがホークスに穫られて空いてしまう某チームがいただいてもいいですよね!
posted by 神童来夢 at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

江戸編

5パック買ってきた


・ドゥームガイ(レア)
・フェニックスガイ(レア)
・フェニックスガイ(レア)
・D―カウンター(スー)
・ディアボリックガイ(ウル)





俺はDに選ばれているっ!

この調子で亜版買ってこようかな(マナソ以外で)
posted by 神童来夢 at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊戯王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

(笑)

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20061026k0000e040056000c.html




さすが笑いの金メダルはやることが違いますね!

こんなんじゃ、あの出演者とか、あのコンビとかもキメててもおかしくないです


か?
posted by 神童来夢 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月25日

崩御

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061025-00000113-mai-soci


我等がパナウェーブ研究所所長、千乃代表がお亡くなりになってしまいましたよ!


末期ガンを初めとした不治の病に何十と罹っていたにしては長生きできたんじゃないかと思います。
それもこれも皆パナウェーブの所員の努力の賜物でしょう。
これから彼らはどうするのでしょうか。
posted by 神童来夢 at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

10月21日

いつもの所に行ってきました。

使用デッキは幻獣ビートバーン。
幻獣ロックリザードの力、その眼にとくと焼き付けろ!!



【一回戦】 デュークさん

と、トップローダー!!!11

1戦目:カード抱え死にヌルス
最後は護封剣を張っておくべきだったな…

2戦目:幻獣でいわせた
プレミスでだいぶ長引いてしまった

3戦目:普通に負けました><


×○×
浅すぎた墓穴が刺さることがよくわかったので、負けはしたけど収穫あり。


【二回戦】でっかいロックバーン使い

1戦目:網が割れません………
引きゲーもいいとこだ

2戦目:初手にお触れとモンスターが5枚。
相手はロックバーンなので、とりあえずお触れ伏せておいたらブレイカーが出てきました!
リバースの状態でお触れを見切るなんてニュータイプですね
が、幻獣ワイルドホーンでいわせました

3戦目:デスウォンバットが処理できないバーンなんて大会デッキじゃねえぜ


×○○
ロックパーツが割れないんだもんなぁ


【三回戦】眠り姫さん

トップローダー再びwwwww

よう忘れた
死デッキでロックリザードが2枚落ちたところまでは良かったんだがな…


××


【四回戦】おこさま

鳳凰神の羽根でリロードを捨てて、もう1枚のリロードをデッキの上に戻すトッププレイングとか


○○




幻獣はまだまだ練り込む余地ありといった印象。
リバモン入れたりとか、ネフティス採用したりとか…
posted by 神童来夢 at 14:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 大会レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月20日

JF2007で最強カードをゲット!

今冬に開催されるジャンプフェスタ2007で、3枚のカードが希望者全員に配布されます。
(ソースはVJ12月号)



・賢者の石 サバティエル
通常魔法
自分フィールド上の「ハネクリボー」が破壊された時、デッキからこのカードを手札に加えることができる。ライフポイントを半分払い、自分のデッキ、墓地にあるカード1枚を手札に加え、このカードをデッキに入れシャッフルする。
この効果を3回使用した後、このカードは次の効果になる。
自分フィールド上の表側表示モンスター1体の攻撃力を、ターン終了時まで相手フィールド上にいるモンスターの数だけ倍化する。


・幻魔の扉
通常魔法
相手フィールド上に存在するモンスターをすべて破壊する。その後、相手の墓地からモンスターを1体選択し、召喚条件を無視して自分フィールド上に特殊召喚する。
発動ターンのエンドフェイズ時、自分のライフは10分の1になる。


・エアーズロック・サンライズ
通常魔法
手札を全て捨てる。自分の墓地から獣族モンスター1体を選択し、自分フィールド上に特殊召喚する。
自分の墓地に存在する獣族・植物族・鳥獣族モンスター1体につき、相手フィールド上に存在する全てのモンスターの攻撃力は発動ターンのエンドフェイズまで200ポイントダウンする。



「賢者の石 サバティエル」「幻魔の扉」は、使用可能になる前から制限カードになることが決定しています。
「エアーズロック・サンライズ」は特に記述がないので、現時点で制限はかかっていない模様です。


この3枚のカードの登場によって、今まで以上にデュエルが高速化することが予想されます。
特に「幻魔の扉」は、それ単体でエンドカードとなり得る性能ゆえ、「終焉」の再来といえるでしょう。

原作ファンにとっては、なりきりカードとしても重要なカードであるとともに、単純な強さを求める人にも必須ですので、当日は遊戯王ブースでは長蛇の列ができるのは間違いないでしょう。



俺ももらいに行きたいので、誰か一緒に行ってくださいね☆



続きを読む
posted by 神童来夢 at 16:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 遊戯王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

アチャー

履修届だし忘れちゃったwwwww





てへっ
posted by 神童来夢 at 08:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

ハチドリ ―hummingbird―

N(ネオスペーシアン)・エア・ハミングバード

☆3/風/鳥獣族
A800/D600

相手の手札1枚につき、自分は500ライフポイント回復する。この効果は1ターンに1度しか使用できない。

続きを読む
posted by 神童来夢 at 00:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 遊戯王 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

アブラカダブラ?

アブラカダブラ


コミックボンボン10月増刊、「アブラカダブラ」だそうで。
なんでも「充実の豪華執筆陣です!」との事、果たしてどんな面子が描いているのやら……


これがボンボン増刊の豪華執筆陣だ!ワハハハハ
posted by 神童来夢 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10月1日

使ったデッキはごくごく普通の除去ガジェットのつもりです。
これを使い続ければ単体除去の使い方が上手くなるのかな?
と、練習をしに行ったような感覚で大会に出てきました。



【一回戦】 高校生くらい?

ゴブリンエリート部隊とか入ってました。
特筆すべき点は特にありません。

○○



【二回戦】 中学生?

サテライトキャノン等が入っていたので、どこかの国の王子である可能性が高いです。
いろいろあって3戦やりました。

○○○



【三回戦】 葛城さん

1戦目:初手に抹殺があったので、ここで使っていいのかなぁと思いつつプレイ。
見事にデスコアラを仕留められたので、そのままモンスターでボコボコ殴りました。

2戦目:デスウォンバット、お触れ、ショッカーを入れて、ここからが本番。
エアーマン同士で攻撃しあい、お互いあと1歩のところで破壊輪オチ。引き分け。

3戦目:お触れがあったものの、一陣の風によって破壊される。
メタポ踏んだ後にウォンバットが来ても遅いですね。

エクストラ:なんでエクストラが丸々1デュエルなん?
地砕きの使いどころを間違えました。
ウォンバットを上手く除去られてしまったので、ちょっと無理みたいです。あとディメンション・ウォール。

○△××




バーンに 勝てません
posted by 神童来夢 at 00:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 大会レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする